EA_final_swing_GBPJPYレビュー

目安時間:約 3分

fx-onのとあるEAをテーマに上げます。
以下のEAです。


---------------------------------------------------------
フルスイング型のEAです
EA_final_swing_GBPJPY
EA_final_swing_GBPJPY | fx-on.com
---------------------------------------------------------


この方は高勝率EAを作るのが得意だったと思うんですが、
まさかのスイングEAを出されています。


しかも、
なんか良い感じで仕上がってしまっております(驚)


純益:23,882ドル
最大ドローダウン:2,145ドル
勝率:54.64%
トレード数:6,160
スプレッド条件:2.0pips
プロフィットファクター:1.20


あれれ?調子狂うなー、
ねこ博士さんっぽくない( ̄~ ̄;


負けトレードを排除してる感じでもなく、
過剰最適化の匂いもしないですし、
なーんか、カワセ係長の好きそうな感じです。


「フルスイング」なる
何かよく分からん造語を使ってきていますが、
とにかく、まともなEAに仕上がってます。


あ、
私はEAを人で決めつけ判断しませんので(^_^)
EA単体を中立的に見ます。



念のためですが、
各トレードも何個かチェックしてみました。
 ↓



5分足チャートで訳が分からんので、期間を長期間にしたのがコチラ
 ↓



水色矢印が「買い」、赤色矢印が「売り」ですが、
なんとなーく、「下がった所を買い」「上がった所を売り」って感じのエントリーロジックになってます。
カワセ係長の好きな逆張りです。




まー、それでも私は様子見ですけどね。


その理由は、
「それでも勝率に依存しているEA」に見えるためです。


バックテストデータを見ますと、
平均買いトレードと平均売りトレードの比率が1:1です。


これで利益が出ている理由は、
勝率が5割を僅かに超えているからなんですが、
今後、勝率がちょっとでも落ちたら厳しいと思います。


ですけど、バックテストは美しいなー。
ねこ博士さん、改めまして少し見直しました!
(↑上から目線、スンマセンm(_ _)m)


同じ猫なら、私はやっぱりAffectionさん派なんですが、
ひとまず、このEAはチェックしときます。


---------------------------------------------------------
フルスイング型のEAです
EA_final_swing_GBPJPY
EA_final_swing_GBPJPY | fx-on.com
---------------------------------------------------------

この記事に関連する記事一覧

comment closed

使っているFX会社
TitanFXという業者を使っています。
その理由と詳細については、
以下の記事をご覧ください。

Titan FXについて
カテゴリー
タグ