ChartCaptureを使って、チャート画面を保存する

目安時間:約 2分

こちらの記事で、
MT4のチャート画像の保存方法を紹介しましたが、
読者さんのMさんから、もっと簡単な方法を教えてもらいましたので紹介します。


その方法は、
「フリーの専用スクリプトを使う」というものです。


1、まずはスクリプトをMT4に入れます。
  「ファイル」→「データフォルダを開く」より、「MQL4」→「Scripts」を開きます。
  その中に、「ChartCapture.ex4」というファイルを入れます。





2、一度MT4を閉じて再起動すると、
  MT4ナビゲーター画面の「スクリプト」に「ChartCapture」が反映されます。





3、チャートの上にドラッグ&ドロップします。





4、「MQL4」→「Files」に、保存されています。







こちらの記事の方法でもチャート画面を保存することが出来ますが、
今回紹介した方法は、「ドラッグ&ドロップ」するだけで、すぐに保存されます。
右クリックとかの手間がかかりませんので、よくチャート画像を保存する方にお勧めです。


この「ChartCapture.ex4」というスクリプトは、
fx-on LABOというサイトで公開されていますが、
コンパイルとかの少しややこしい事をしなくてはいけませんので、
私のほうで完成状態にしたファイルを作っておきました。


欲しい方は以下よりダウンロードして下さい。
  ↓
「ChartCapture.ex4」をダウンロードする

この記事に関連する記事一覧

comment closed

使っているFX会社
TitanFXという業者を使っています。
その理由と詳細については、
以下の記事をご覧ください。

Titan FXについて
カテゴリー
タグ