相場概況(2016年10月第3週・ユーロ)

目安時間:約 2分

いつもありがとうございます!カワセ係長です。
応援クリックを宜しくお願い致しますm(_ _)m


為替・FX ブログランキングへ


【以下はユーロドル・日足チャートです】




ハードブレグジッドとイタリアリスクが顕在化する中、
欧州全体にリスクが渦巻いています。


10月11日に三角ペナントを下抜けて以降、
下ボリバンに貼り付きながら、下降トレンドを形成中。


明日以降~10月28日までの週は、小幅な値動きを継続するでしょうが、
欧米金利差の拡大と欧州全体のリスクを背景に、
ユーロは中長期的には下目線の継続でいきます。


目先、今年3月につけた安値として1.082のサポートラインがあり、
その下には今年1月の1.07と去年12月&3月につけた1.05があります。


当然、
どのラインも目指すべきプライスとして意識しておきたいですが、
今回、驚くべき内容として提言しておきたいのは1.05ラインより下のゾーン。


1.05より下には、目立つサポートがありません。

 
いよいよパリティが見えてきました。



仮に1ユーロ=1ドルとなった場合、2012年以来の14年ぶりとなりますが、
現実味が増してきました。

この記事に関連する記事一覧

comment closed

使っているFX会社
TitanFXという業者を使っています。
その理由と詳細については、
以下の記事をご覧ください。

Titan FXについて
カテゴリー
タグ