GSP-FLOATING system

目安時間:約 9分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

フォワード実績集計はコチラ
販売サイト(fx-on)はコチラ

○あなたはどんなEAを使いたいですか?

☑バックテストのプロフィットファクターは2.38だが、
   フォワード実績のプロフィットファクターは0.97

☑フォワード開始直後のよく分からないEAだが、
   販売記念キャンペーンで値引きセールを行っている

☑バックテストの平均年間利益は+80万円
   販売開始後のフォワードも、平均年間利益は+80万円
 →GSP-FLOATING system

○GSP-FLOATING systemの販売開始から2年が経過しました

EA開発者のカワセ係長と申します。

オリジナル手法でトレードする裁量トレーダーですが、
その手法のほとんどは、無裁量タイプのトレードロジックです。

一昨年、ゴゴジャンの早川社長からお誘いを受けてEA業界に参入し、
試行錯誤のうえで、既存ロジックの1つをEA化しました。

それが、GSP-FLOATING systemです。

元々、裁量で勝てるロジックでしたので、
それをEA化しても勝てるのは当たり前なのですが、
販売から2年が経過してもバックテスト通りに推移しているのは、
素直に嬉しく思っています。

○EAで大事なのは、「バックテスト通りに推移する」事だと思います。

裁量トレードをやる場合は、過去のチャートでロジックを検証し、
そして、デモトレードで再現性を確認するのが一般的です。

EAも同じだと思います。

いくら「バックテストだけ」が良いEAを作っても、
それは絵に描いた餅に過ぎません。

チャート分析からロジックを作り込んで行くことで、
はじめて、将来に渡っても勝てるEAが出来ると信じています。

GSP-FLOATING systemの販売から2年が経ちましたが、
私の裁量トレードを再現するかのように、
バックテストと同じ収益推移を続けています。

バックテスト
販売後
期間
 2007年1月~2014年6月 
 2014年7月~2016年6月 
プロフィットファクター
1.27
1.39
勝率
36.38%
35.89%
平均 年間利益
+78.4万円/年
+84.5万円/年
平均 年間獲得pips
+3,922pips/年
+4,225pips/年

gsp-floating_system_ver1_01_200701-201605_equity.gif

2年間の長期で見ても、
むしろバックテスト以上の成績で推移しているのは、
値動きの本質にフォーカスしたロジックが、相場にマッチしているからだと考えています。

○fx-onのフォワード残高が270万円になりました。

fx-onのフォワード計測を100万円残高からスタートしましたが、
2年間のフォワードで170万円増えて、口座残高270万円になりました。

○ポートフォリオの重要性

スキャルピングやナンピンEAを使うのが、
間違いと言っているのではありません。
事実、私の稼働EAにもいくつか上記のようなEAが存在します。

ですが、同じ通貨ペアばかりやスキャルピング系ばかりという状態は、
損失を同じタイミングで被る危険性が高いと言えます。

GSP-FLOATING systemはGBPJPYの60分足

このEAは、完全スイングトレード・利大損小タイプEAです。
そして、選択する通貨ペアは、ボラティリティの大きいGBPJPYとなります。
エントリーロジックは完全なる順張りであり、
相場方向に追従する、トレンドフォローでエントリーを行います。

○膨らんでいく含み益を我慢できますか?

スキャルピング系やナンピン系なんかは、
利益は浅いですが、含み損を少し我慢する傾向があります。
膨らんでいく含み損にヤキモキした事は、私も一度や二度じゃありません。

そんな時GSP-FLOATING systemは、
トレンド方向にポジションを持ち、含み益を持っている事でしょう。
そして、その利益をトコトン成長させる事で口座資金を増やしていきます。

○勝率は低いですが…

ハッキリ言って勝率は低いです。
勝率40%以下なので、常に勝てるシステムでは無いのが事実です。

しかし、ちょっとやそっとの連敗であれば、
1回の利確で取り返すだけのパワーを
GSP-FLOATING systemは持ち合わせています。
総括すれば、徹底して利大損小を図るタイプのEAと言えます。
因みに、発売後3ヶ月中に記録した+100pips以上の利確は19回です。

○2つのトレンドフォローロジックを同梱

GSP-FLOATING systemを稼働させると、
独立した2つの異なるシステムが、
それぞれのアプローチでトレンドフォロー・ポイントを探ります。
そして、統計学的に有利なタイミングでポジションを取りに行きます。
2システムが並走しますので、最大ポジション数は片側2です。

また、オーバーカーブフィッティングにならないよう、
2007年~の長期間でのバックテストを実施し、
リーマンやアベノミクス相場を含む
様々な相場シチュエーションに適応できるようにデザインされています。

GSP-FLOATING systemの特徴

GSP-FLOATING systemのその他の特徴として、、、

 ・ローソク足確定時にしかエントリーしません。
 ・1ヶ月に20回~程度のトレードがあります。
 ・RSIやMACDなどテクニカルの組み合わせではありません。
  移動平均線を意識した独自タイミングでのエントリーとなります。
 ・両建てすることがあります(両建可能ブローカーを推奨します)。

などの特徴があります。

SCH-Trend systemとの違い

ここまで説明しておいて恐縮なのですが、
お勧めのEAを紹介しろと言われれば、SCH-Trend systemです。
カーブフィット性については、SCHサインの方が若干低く設計されているためです。

しかし、SCH-Trend systemにも当然欠点があり、
"トレンド"という名前の割に、トレンドに乗れないこともあります。

GSP-FLOATING systemは、そんなSCHサインの欠点を補完し、
SCH-Trend systemが取りこぼしたトレンドを取りに行きます。

○利大損小の玄人仕様

SCH-Trend systemをお持ちでなければそちらを勧めるのですが、
もしお持ちの方であれば、
トレンド補完型のGSP-FLOATING systemも観察してみて下さい。

勝率が低いながら、
トレンドが発生した時に爆発的に利益を出すその様は、
言うなれば玄人仕様とも言え、見ていて面白いと思います。

本原稿執筆時点の2014年11月時点、
100万円でスタートしたフォワードが、
僅か3ヶ月の運用で140万円にまで膨れています。

---------------------------------------------------------
GSP-FLOATING system
約2400トレードで670%の利益、最大ドローダウンは7.11%
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system | fx-on.com
---------------------------------------------------------