勝率重視か利大損小か

目安時間:約 4分

自動売買に限らずですが、
FXの取引ルールは下記のように大別されますね。
 ・勝率重視タイプ
 ・利大損小タイプ

まず勝率重視タイプ

コツコツと浅い利益を積み重ねます。
スキャルピングなんかでは人気の手法ですね(^_^)

10pips以下などの細かい利益を積み重ね、口座資金を着々と増やしていきます。
良いEAなんかは本当に負けませんので、普段は全くストレスがありません。

しかしこのようなEAは、一般的に利小損大で設計されています。
コツコツと積み重ねてきた利益を、一度に吹き飛ばしてしまう事があるんです。

例えば、私も大好きなこのEA
↓↓↓
-----------------------------------------------------------------
トレード時間が短くなって、ストレスフリーに一歩近づいたシロクマ 君
900本ご購入御礼!・Forex White Bear V3
900本ご購入御礼!・Forex White Bear V3 | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------

つい最近、大きなドローダウンがあったのは、記憶に新しいと思います。

大半の勝ちトレードではストレスがありませんが、
負けトレードの幅が一般的に大きいですので、いわゆる「コツコツドカン」というヤツです。
この「ドカン」に耐えられる資金管理で、自動売買の運用をしていく必要があります。

次に利大損小タイプ

…私が好き好んで設計するタイプのEAですね
今のSCH-Trend systemなんて見てもらえれば、そのリスクは一目瞭然です。

↓↓↓
-----------------------------------------------------------------
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
-----------------------------------------------------------------

勝率が低いので、負けが込むときはトコトン負けます。
10連敗なんかも普通に起こります。
普段は負けてばっかりなんで、口座資金が減る時は、本当に減り続けます。

メンタルにも応えますね。
目の前でどんどん口座残高が減って行くのですから。

ましてや今みたいに、
中々「利大」決済が発生しなかったら最悪です。

もう勝てないんじゃないか…?
そのように思ってしまう事もあるかと思います。

いかがでしょう?
勝率重視タイプも利大損小タイプも、
メリットがあり、デメリットがあるんです。

それに対し、
『勝率重視を使うか? または利大損小を使うか?』

・・・この二次元論が出てしまった時点で、思考は停止していると言えます。
もう一度言いますが、どちらにもメリット/デメリットがあるのです。

自動売買ユーザーの方であれば、
得意なEA/苦手なEAなんかもある事でしょう。

それは否定しません。
私も勝率重視タイプはちょっと苦手です。

ですが、『投資は我慢の連続』

得意な方だけを使うのではなく、是非、苦手な物にも挑戦する。
勝率重視も利大損小も両方使う。

それが、自動売買投資で最初に出来るポートフォリオであり、
負けない投資家になるための第一歩なのです。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

使っているFX会社
TitanFXという業者を使っています。
その理由と詳細については、
以下の記事をご覧ください。

Titan FXについて
カテゴリー
タグ