EA開発者になった時の話を少し

目安時間:約 2分

先日ですが、
ある方とチャットでお話することがありました。
FX関連でこってりパソコンで会話する感じですね。

そのお話しの中で、私の経験をふと思い出しました。

今となっては懐かしいなぁ、、、

私が初めてEAを作った時の事です。

私のEA開発者歴はちょっと特殊。

多くのEA開発者の方は、
本業もプログラマーという方が大半ですが、
私の場合、本業はプログラマーではありません。

更に私には、
一般的なプログラミング技術すら無く、
EA開発者になる前は、
自分の作ったルールで淡々に手動トレードしていました。

そのルールは「無裁量」トレード。
テクニカルを使ったものです。

EAを使わずにトレードの検証を行い、
長年の研究の上で辿り付いた手法でした。

ルールは固定化されてますが手動で売買しますので、
言うなれば、システムトレーダーって奴ですね。


この「無裁量のシステムトレード」については、
また機会を改めて説明しますね。

で、
このシステムトレードの売買結果を、
趣味程度でブログにアップしていると、、、

そのブログがfx-onの早川さんの目に留まり、
私に会いたいというお話になりました。

そして早川さんに会い、
これが無裁量トレードだと話をすると、
「じゃ、EA化できますよね?」という話になり、
早川さんに口説き落とされて、
EAを開発するカワセ係長になりました。

これが、去年の春前。
2014年2月くらいの話ですね確か。

EA開発経験どころか、
プログラミング技術も持たない私が、
ついに「カワセ係長」へ向けて動き出したのです。

長くなってしまうので今日はここまで。
その続きはまた明日にでも

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

使っているFX会社
TitanFXという業者を使っています。
その理由と詳細については、
以下の記事をご覧ください。

Titan FXについて
カテゴリー
タグ