EA開発者になった時の話を少し②

目安時間:約 3分

externってナンダ・・・?

投資家である皆さんは、
上記について分からなくても差支え無いですが、
EAプログラマーにとっては常識。

私はそんなレベルからのEA開発スタートでした。

どうでも良いですが、
下記のサイトがとっても参考になりましたね。
EA作りの私の先生みたいなページです(^^ゞ

http://jidoubaibai.com/index.html

私がEA作成の『E』の字も分からなかった時に、
もうずっとこのページを見ながら、EA開発の作業に没頭していました。

他のEA開発者の方に比べて
もうどうしようも無く不利ですね。。。
一般的なEA開発者の方とは、そもそもスタート位置が全然違いました。

プログラミング知識なんて全く無かったですので、
文字通り『ゼロ』からのスタートだったのです。

ですが、ここは諦めの悪いワタクシ。

もう寝る間も惜しんで、とにかくEA作成の勉強をし続けました。
睡眠時間は毎日3時間以下。
寝ても起きてもEA作成に没頭しました。

プログラミングセンスが無い中でも、何とか頑張ったものです。

ですが1つだけ、
私にはアドバンテージがありました。

私はEAを作る前に、
既にしっかりと固定化された裁量ロジックを持っていました。

そう、「SCH-Trend system」です。

今となってはEA化済みのシステムですが、
その前には無裁量のシステムトレードとして、
ガッツリ私は活用していたんです。

ちょっと話はズレますが、
EAが無い状態で、
無裁量トレードを過剰最適化をするのは不可能です。

EA参入前の私のシステムトレード歴については、
また別に時間を取って説明しますが、
私はチャートを見ながらSCHのルールを制定しました。

そこに最適化はありません。
過剰最適化はありません。

あるのは、
根拠のあるエントリールールのみです。

話が逸れてしまいましたが、
そのような確固たる売買ルールがあったので、
EA開発のプロセスでは、
その軸がブレる事はありませんでした。

しっかりとゴールが見えていたので、
それに合致したプログラムを作るだけで良かったのです。

そして、目の下にクマを作り続けた3ヶ月。

ついにEAとしての
「SCH-Trend system」が完成したのです。

去年の夏前。

2014年の5月くらいのお話です。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

使っているFX会社
TitanFXという業者を使っています。
その理由と詳細については、
以下の記事をご覧ください。

Titan FXについて
カテゴリー
タグ