ブローカー間での成績差異

目安時間:約 2分

私のEA:SCH-Trend systemですが、
ブローカー間で成績差異があることが改めて分かりました。

SCH-Trend system 2015年7月の成績

私のEAに限った話ではありませんが、
ブローカーによって成績に差異が出る事…

これは自動売買EAの本質的な問題でしょう。

ブローカーや稼働環境によって、
レートに違いが出るのは避けられないリスクです。

レートが異なれば、
テクニカルの計算に差異が出ますからね。

結果として、EntryやExitに差異が出てしまいます。

で、これに対するリスクヘッジ方法は、
『複数のブローカーで運用すること』が、やはり一番有効です。

同じEAであっても、
更に複数のブローカーで分散して稼働する。

1つのブローカーに3Lotsではなく、
3つのブローカーに1Lot/1Lot/1Lot・・・

単純でありながら、確実なリスクヘッジ方法です。

ですが問題が1つ。

EAをご購入いただいても、
原則として1つの口座でしか使えませんよね。

3つの口座でヘッジしたいからと言って、
3つも同じEAを買うのは大変です。

これに対し、
次の記事で1つの解を示します。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
使っているFX会社
TitanFXという業者を使っています。
その理由と詳細については、
以下の記事をご覧ください。

Titan FXについて
カテゴリー
タグ