ポンドショック?

目安時間:約 1分

リーマンショックとか、
スイスフランショックとか、
Brexitショック。


私が相場参加者になって数年経ちましたが、
今回のショックには、名前が付くのでしょうか?





原因不明。


情報を色々と集めていたのですが、
どの機関からも何の発表も出ていませんので
「誤発注」の可能性が最も高いと言われているようです。


受ける注文を管理するのはコンピュータとはいえ、
意思を決定するのは人間ですし、入力するのは人間です。


間違った発注をしても、
コンピュータは「オイ、違うぞ」と停めてくれません。


ちょっとした入力ミス
そしてそこから連鎖したアルゴリズムの暴走
多くのトレーダーのストップ巻き込み


色々な要因が複合的に連鎖して、
予期せぬ形に繋がってしまったものだと考えています。


ちなみに、
私のEAは下落の予兆を捉えてショートに切り替えていました。


やっぱりトレードロジックは、
プライスアクションで、早めに判断するのが吉ですね。





私のお友達もガッツリ獲ったようです
 →Larryさんのブログ


今回、
「予期せぬ形で誤って到達してしまった31年ぶりの最安値」


今までの水準(ポンドドル1.28)にはしばらく戻らないでしょう。


英国リスクがくすぶっていた中で、
底が「抜けてくれた」ポンド相場。


下落リスクは高まるばかりです。
---------------------------------------------------------
カワセ係長が提案する第2のトレンドフォロー・スイングEAです。
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system?|?fx-on.com
---------------------------------------------------------

この記事に関連する記事一覧

comment closed

使っているFX会社
TitanFXという業者を使っています。
その理由と詳細については、
以下の記事をご覧ください。

Titan FXについて
カテゴリー
タグ