SCH-Trend systemをver1.21にバージョンアップします

目安時間:約 2分

【旧ブログ記事の転載です(2015年3月8日記事)】
【当該問題は、ver1.21以降では解決されております】

最近謝ってばかりのカワセ係長です。
今日も一つ、謝らなければいけない事があります。

明日から夏時間とのことで、
SCH-Trend systemのプログラムを眺めていたのですが、
先ほど、その中で一箇所の不具合が見つかりました。

 対象:サマータイム不採用のブローカーのみ
 内容:ある条件が揃った時のみ、夏時間にも関わらず、
    冬時間のタイミングでエントリーする可能性がある。

サマータイム採用のブローカーは大丈夫です。
また、夏時間不採用の証券会社でも、
すぐにその条件が揃う可能性は確率論的に低いです。

本日、その箇所のプログラムを修正した、
『SCH-Trend system ver1.21』をfx-onに連絡しました。
fx-onよりバージョンアップの連絡が入りましたら、
早めにver1.21への差し替えをお願い致します。

ユーザーの皆様にはお手数をお掛けさせてしまい、
本当に申し訳ございません。

宜しくお願い申し上げます。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
使っているFX会社
TitanFXという業者を使っています。
その理由と詳細については、
以下の記事をご覧ください。

Titan FXについて
カテゴリー
タグ