SCH-Trend system 2015年6月の成績

目安時間:約 3分

ただただ完敗でした。

SCH-Trend systemの6月度成績です。

SCH_20150630-3.png

SCH_20150630-4.png

 -24万5987円の損失

 獲得pipsは-820pips

 月利-24.6% (100万円の資金が75万4千円に)

・・・となりました。

ギリシャの動向にひたすら振り回された6月でした。
下記は6月度のGBPJPYチャートです。

20150630_1.png

【6月前半】

チャートの前半の6月10日くらいまでは、
僅かな上昇トレンドの中で買いポジションを中心に
コツコツと利益を積んでいました。

しかし、
オレンジ枠の急激な上下動ローソク足で、
一気にやられました。
連続損切りを喫し、全く対処できませんでした。

【6月中旬】

その後、水色ラインで区切った期間の6月中旬です。
この間は割と綺麗に上昇トレンドが発生しました。

効率的とは言い切れませんが、
この期間に一気に10万円程度、300pips以上を稼ぎました。

そして、水色線を超え、6月下旬を迎えます。

【6月下旬】

市場参加者の関心はギリシャにクローズアップされ、
その何とも言えないモヤモヤした経緯が、
そのままチャートに現れ続けました。

ローソク足にヒゲを生じながらも、
何ともどっちつかずなレンジ状態を形成。

意識していたラインが上下にあり、
ギリシャの動向もはっきりしないので、
このレンジ化は市場参加者の気持ちを如実に示していました。

そして、ギリシャへの財政支援延長拒否。

月曜の窓開けがとどめとなりました。
持っていたロングが-240pipsの大損切りとなり、
大きなドローダウンを記録しました。

口座資金は170万円前半まで目減りしており、
相場は尚、迷っているように見えます。

ユーロは開いた窓がその日のうちに閉じてしまい、
方向感が全くありません。

4月から続いていた上昇トレンドは終焉。
ここから先は、底値を試しにいくことを想定しておきます。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
使っているFX会社
TitanFXという業者を使っています。
その理由と詳細については、
以下の記事をご覧ください。

Titan FXについて
カテゴリー
タグ