GSP-FLOATING systemをバージョンアップします

目安時間:約 4分

現行バージョンのGSP-FLOATING systemに、 少し問題がありました。 その内容は、 【MT4の0時またぎ問題】です。 大半の方は『?』だと思いますので、 まず、この問題の内容と背景を解説していきます。 FXのトレードをしていますと、 各通貨間の金利差によってスワップが貰えますよね。 AUDJPYの買いポジションを0.1ロット持っていたら、 1日に30円貰えるとか、そういうヤツです。 …

SCH-Trend systemバージョンアップについて

目安時間:約 1分

SCH-Trend systemのバージョンアップ版を試験走行させ、早半月…。 かなりのトレードを積んでいるのですが、一向に0:00に動きません。 確率的に6分の1なのですが、間が悪いというか運が悪いと言うか…(>_

SCH-Trend systemの運用証券会社について

目安時間:約 7分

【旧ブログ記事の転載です(2015年1月18日記事)】 【GMTや0時エントリーのスルー問題は、ver1.20以降では解決されております】  ・・・alpari UK 破綻 FXをやってきて今までで一番ビックリしました。 alpari JapanはSCH-Trend sytemとの相性が良く、 fx-onでの公式フォワードでも採用させていただいておりました。 ユーザー様の中にもalpari jap…

メンテナンス時間の発注禁止について

目安時間:約 2分

【旧ブログ記事の転載です(2014年11月20日記事)】 【当該問題は、ver1.20以降では解決されております】 こちらの記事群では、 下記の現象に対するSCH-Trend systemの見解を述べています。 -現象-  ブローカーの取り決めにより、0:00の注文が通らない。  そのため0時,4時,8時,12時,16時,20時の全6回中、0時は全ての注文がエラーとなる。 1、メンテナンス時間の発…

メンテナンス時間の発注禁止について⑤

目安時間:約 4分

前回の記事②では、バックテストにより大局的に検証し、 前回の記事④では、総論とフォワードでの裏付けについて述べました。 これらの検証による開発者の見解は、 度重なりますが、下記のように述べさせていただきます。 ————————————————— 0:00の全ての注文がスルーされる事により、 機会損失によるパフォーマンス低下が確認さ…

メンテナンス時間の発注禁止について④

目安時間:約 3分

前回の記事①では、背景について述べさせていただき、 前回の記事②では、バックテストにより大局的に検証し、 前回の記事③では、1つ1つのトレードについてミクロ的に解説しました。 これらの検証による開発者の見解は、 改めて下記のように述べさせていただきます。 ————————————————— 0:00の全ての注文がスルーされる事によ…

メンテナンス時間の発注禁止について③

目安時間:約 4分

前回の記事では、 ————————————————— 機会損失によるパフォーマンス低下が確認されます。 但し、EA性能に対する懸念は限定的。 取引回数が6分の5になったSCH-Trend system ————————————————— ・・・と結論付けました。 …

メンテナンス時間の発注禁止について②

目安時間:約 4分

先ほどの記事で、 ————————————————— もし0:00の注文が全て跳ね返されてしまったら、 6分の1の取引をスルーすることになり、 機会損失によるパフォーマンス低下を招きかねません。 ————————————————— ・・・と述べました。 結論から言…

メンテナンス時間の発注禁止について①

目安時間:約 3分

【旧ブログ記事の転載です(2014年11月20日記事)】 【当該問題は、ver1.20以降では解決されております】 SCH-Trend systemについて下記の問い合わせをいただきました。  「フォワード成績と比較して、昨日ポジションを持ちませんでした。」 それに対する小生の回答は、 「サイン上はポジションを持っているべきです。 ただ、配信されるレートによっては、 サインが確定しない,4時間後の…

使っているFX会社
TitanFXという業者を使っています。
その理由と詳細については、
以下の記事をご覧ください。

Titan FXについて
カテゴリー
タグ