FX自動売買を主軸とした唯一無比の投資法を公開しています

売りサインとなった「抵抗帯」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

前回の記事につきまして、
ご質問をお受け致しましたので、
その内容を共有いたしますね。

G様、ありがとうございます!!

【ご質問】
前回のメルマガでショートで取ったと書かれておりますが、
具体的にどの様な戦略だったのでしょうか?
稼働してから正直我慢が続いております。

【回答】
こんにちは、カワセ係長です。
お問合せ、ありがとうございます。

今回のショートポジションは、
私が裁量でショート方向にポジションを張っていたのではなく、
ショートを持ってくれていたのは、「私のEA」となります。

自動売買をしている以上、
「我慢」の時期は必ず必要でして、
私は、特に特別な設定をせずに普通に稼働させていました。

2016年9月度の成績(「我慢」について)

そんな中で私のEAは、
今回の暴落の半日前にショートを持って、ガッツリと利益を取ってくれました。

ちなみに、
なんで私のEAがショートにポジションを持てていたかと言いますと、
EAのプライスアクション系ロジックが、
相場反転の予兆を掴んでいてくれたためです。

以下、ポンド円の4時間足チャートです。

私のEAに組み込まれているロジックは、
逆張り気味でポジションを持つ、プライスアクション系ロジックです。

上記チャートのような、
明らかに意識されているライン(ゾーン)があれば、
否が応でも、上値の重たさからショートサインが出ます。

この辺りの考え方については、
私がたまにメルマガで話題にする「Wブロックトレーディング」を理解すれば
かなり具体的に分かると思いますので、
今後とも、私のメルマガを見逃さずにご覧いただければと思います。

度重なりますが、
私は今回は裁量でショートを持っておらず、
ショートを持っていたのは、「私が作ったEA」となります。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 投資3本柱を構築して稼ぎ続ける手法 , 2016 All Rights Reserved.