FX自動売買を主軸とした唯一無比の投資法を公開しています

GSPを7業者で同時運用(続き)

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、
カワセ係長です。

今日のメールは、
昨日のテーマの続きです。

昨日のメールを見逃した方は、
昨日のAM7時台か12時台のメールを参照下さい。
※一応、昨日のメールを末尾に貼っておきます。

今回のメールのテーマは、
————————
7つの証券会社で
GSP-FLOATING systemを同時運用すると、
どれくらいの業者間成績差異が生じるか?
————————
です。

━━━━━━━━━━━━━━━
GSPを7業者で動かした場合…考察
━━━━━━━━━━━━━━━

ツッコミどころ満載。

GSPを7業者で動かした結果、
以下のようなデータがとれました。

↓GSP同時運用の集計結果↓

※全てリアル口座です。
※GSP-FLOATING systemを同時運用
※期間:2017/01/10~4/28
※0.01ロット運用ベース

データは、以下の7口座分になります。

・MyfxMarketsプロ口座
・MyfxMarketsスタンダード口座
・TitanFX スタンダード口座
・Gemforex
・XM
・楽天証券
・外為ファイネスト

それに加え、
fx-onのFX PROデモ口座も追加してありますので、
8口座での比較を行う事ができました。

————————
最初の感想
————————
よりによって、
GSPが絶不調の時にデータ取りをしてしまいました(汗)

過去に例を見ないほど負けまくってしまいましたが、
2月~3月のどうしようも無い右肩下がり感を見ると、
ゲンナリしてしまいます。

他EAで不調を補っていたとは言え、
私もよく動かしていたと思います。
(TitanFXは私のデータです)

で、グラフを見れば明らかですが、
この4ヶ月間、どの業者で動かしてもマイナスだったという事ですね。

ですが、
勝率やプロフィットファクター等に業者間差異は殆んどなく、
100トレード近くの母数もありますので、
「データとしての信頼性」はそこそこあると見ています。

————————
収益差異にビックリ
————————

期間中の獲得収益でグラフを作りましたが、
予想以上に業者間差異があって、
イチEA開発者として、少し驚きでしたね。

その成績順位としては、
ほとんど順当かなと思いましたが、
fx-onのデモ口座が一番悪いというのにビックリです(笑)

1位:MyfxMarketsプロ口座
2位:TitanFX スタンダード口座
3位:Gemforex
4位:MyfxMarketsスタンダード口座
5位:楽天証券
6位:外為ファイネスト
7位:XM
8位:fx-onのFXproデモ口座

MyfxMarketsプロ口座は、
外付け手数料を取られる口座ですが、
もちろん、その手数料も含んだグラフになっています。

————————
下位業者のスプレッドと約定拒否
————————

以下の業者のスプレッドについて考えてみます。

5位:楽天証券
6位:外為ファイネスト
7位:XM

まず、XM。

この業者はGBPJPYのスプレッドが狭くないので、
私は昔から敬遠しています。
GBPJPYスプレッド=4pips弱ですので。

で、
その影響だけとも言い切れませんが、
XMは、4ヶ月成績ランキング7位という結果になりました。

私はやっぱり、
個人的にXMを今後も使わないと思います。
あくまで主観ですが、相性悪いと思ってます。

そして、
国内2社の成績が悪いのにも注目です。

ホームページ開示スプレッドは、

楽天証券・・・0.9pips
外為ファイネスト・・・2.0pips

ですが、

「そんなの関係ねぇ!」的な成績の悪さです。

個々のトレードを見ていても、
なんとなく楽天証券の約定レートが悪かったりしますので、
なんとなく滑ってる感じを受けます。

あと、
なんとなくトレード数が少ないですので、
なんとなく約定拒否があるような?
なんとなくFX業者にとって都合の悪い方向のトレードは拒否られてるような?

やっぱ
なんとなく、国内業者は全部呑み業者という事でしょうか?

「なんとなく」ばっかりで申し訳ないですが、
デリケートなお話ですので、悪しからず(笑)

国内業者でFXをやるのは、
私はなんとなくやめときます。

外為ファイネストもやめようかな。

————————
Gemforexのトレード数が少ない
————————

全体3位のGemforexに注目です。

↓GSP同時運用の集計結果↓

全体3位で悪くないように見えますが、
Gemforexだけトレード数が少ないです。

他の業者は、
100~90トレードを期間中に行っていますが、
この業者だけ76トレードです。

ちょっと異常とも言える少なさですね。

収益成績は全体3位となっていますが、
トレードが少ない分、負けトレードが回避できて、
「結果として、あまり口座残高が減らなかった」という印象です。

仮に好調期の場合は、
トレードの少なさが「勝ちトレードの見逃し」に繋がりますので、
機会損失になります。

負けトレードが減るのは良いのですが、
私はそれ以上に「機会損失」が好きではありません。

ですので、
Gemforexは全体3位の成績になっていますが、
ちょっと使うのは難しいかな?という印象です。

————————
TitanFX
————————
私のイチオシ:TitanFXは、
全体2位という結果になりました。

この結果には素直にホッとしましたが、
何より嬉しかったのがトレード数ですね。

全体トップの、
「期間中101トレード」でした。

トレード数が多い分、
しっかりコツコツ負けるんですが、
大勝ちトレードを確実に捉えてくれています。

スプレッドも悪くないですし、
しっかり約定してくれてるのも分かりますし、
やっぱり私はTitanFX派ですかね。

TitanFXへ

————————
MyfxMarketsプロ口座
————————
「スプレッドの狭いプロ口座」という事で、
さすがの1位に輝いたのが【MyfxMarketsプロ口座】です。

毎回のトレードで、
0.01ロットにつき6円の外付け手数料を取られますが、
それを考慮しても全体1位になりました。

トレード数も多く(100トレード)、
約定もバッチリ決まっている感じです。

約定するし、スプレッドは狭いし、
100トレードしてもコミッションは600円ですし、
こう考えると、プロ口座がベターという結論になりそうです。

————————
fx-onのFXproデモ口座
————————

で、これですよ。

なんと
fx-onのフォワードがダントツで悪いという結果に(笑)

あ、
fx-onのフォワードは0.2ロット運用ですが、
もちろんデータは20分の1にしています。

全部0.01ロット基準に合わせています。

↓GSP同時運用の集計結果↓

トレード数が少ないとか、
勝率が極端に悪いとかじゃないのに、
何故か、ダントツで成績が悪いんですよね。

約定している感じを見ていますと、
レートがちょっとずつ悪いような。

そして、
悪いトレードは全部捕まえているような。

これ、
リアルじゃなくてデモですよ(笑)

とてもじゃないですけど、
FXproで運用する気になれないです。

ですが、
fx-onのフォワード計測は、FX業者の選択肢が少なすぎるので、
現状ではFXproを使うしかないです。

いやー、
それにしても、このダントツ感にはビックリしました。

————————
まとめ
————————

4ヶ月にわたって、
複数業者同時運用を行いましたが、
全体として読み取れるのは以下ですね。

・国内業者ではやりたくない
・Gemforexはトレード数が少ない
・fx-onフォワード悪すぎ
・外付け手数料アリのプロ口座はサスガ
・XMは悪かった
・TitanFXは機会損失が少ない

4ヶ月だけで判断しきれるものでも無いかもしれませんが、
私の設計するスイングEAに対しましては、
上記を言えるのでは無いでしょうか。

なお、
「長期的なデータを取る」という今回の趣旨でしたので、
個々のトレード結果には踏み込みません。

勝ちトレードがあったり、
負けトレードがあったり、
ある業者ではサイン確定でエントリーしたり、
またある業者では見逃してしまったり、

ってことです。

あ、

もし、今回の全データが欲しい方は、
個別にカワセ係長までメール下さい。
エクセルデータを差し上げます。

————————
今後
————————

で、今回のデータ検証で、
一つの疑問が生じてしまいました。

【TitanFXのBLADE口座だったらどうなるんだろう?】って疑問です。

TitanFXへ

そこで今度は、
TitanFXの「Standard口座」と「BLADE口座」で、
どれくらいの成績差異があるかを調査してみます。

期間は半年くらいですかね。

忘れた頃に結果を報告しますので、
楽しみにしていて下さーい(^_^)

このテーマの報告は以上ですm(_ _)m

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 投資3本柱を構築して稼ぎ続ける手法 , 2017 All Rights Reserved.