FX自動売買を主軸とした唯一無比の投資法を公開しています

SCH-Trend systemの運用証券会社について

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

【旧ブログ記事の転載です(2015年1月18日記事)】
【GMTや0時エントリーのスルー問題は、ver1.20以降では解決されております】

・・・alpari UK 破綻

FXをやってきて今までで一番ビックリしました。
alpari JapanはSCH-Trend sytemとの相性が良く、
fx-onでの公式フォワードでも採用させていただいておりました。

ユーザー様の中にもalpari japanを使っておられる方が多く、
また、私個人としても早急に代替運用先を検討する必要がありました。
そこでこの2日間、各社におけるSCH-Trend sytemを比較調査しました。

【調査項目】
・GBPJPYスプレッド(各社HP等より平均値を算出)
・バックテスト期間=20140101~20150116
(バックテストは各社のスプレッドを入力/0.3Lot固定)
・両建ての可否
・GMT
・0:00の注文エラー等が無いか?

まずはalpari japanです。

Alpari Japan
両建て=OK
GMT+2
0:00の注文=OK
平均スプレッド=1.6
総収益=+8,501.89ドル
PF=1.37
勝率=36.25%

下記に他社を列挙しますが、改めてalpari japanの秀逸さが光ります。
今回の件は、大変残念な結果だったと思います。
では、他のブローカーの20140101~20150116の結果と各社仕様です。

FXDD
両建て=OK
GMT+2
0:00の注文=OK
平均スプレッド=4.0
総収益=+8,644.75ドル
PF=1.41
勝率=36.25%

スプレッドが広めなので、敬遠される方もいらっしゃるかと思いますが、
SCH-Trend systemはFXDDのヒストリカルデータにて設計しましたので、
スプレッドが4.0pipsと広くても、その優位性が確保されていますね。

FX Pro
両建て=OK
GMT+2
0:00の注文=問い合わせ中
平均スプレッド=3.9
総収益=+6,963.55ドル
PF=1.30
勝率=36.90%

FxProは、0:00の注文が問題なく通れば移管先として有力候補ですね。

pepperstone
両建て=OK
GMT+2
0:00の注文=不可
平均スプレッド=1.9
総収益=+6,928.06ドル
PF=1.35
勝率=35.89%

0:00注文不可ですが、スプレッドが狭いだけあって流石の成績です。
当サイトの公開フォワード(myfxbook)でも堅調に推移しています。

Forex.com JAPAN
両建て=OK
GMT+9
0:00の注文=問い合わせ中
平均スプレッド=5.9
総収益=+4,758.96ドル
PF=1.21
勝率=31.32%

AVATRADE
両建て=OK
GMT±0
0:00の注文=問い合わせ中
平均スプレッド=4.8
総収益=+3,950.94ドル
PF=1.17
勝率=30.89%

Forex.comとAVAはGMT+2ではありません。
上記成績は現在制作中のGMT補正機能付きSCHでの成績です。
リトライ機能の実装はまだですが、今回の件もあり、
GMT補正機能付きSCHへのバージョンアップを早めに実施しようと思います。

OANDA JAPAN
両建て=不可
GMT+2
0:00の注文=OK
平均スプレッド=2.4
総収益=+489.99ドル
PF=1.03
勝率=29.87%

OANDAはGMT+2ですが、両建てが不可ですのでこの成績です。
しかし、OANDAのサポートさんとやり取りしていた所、
「両建てのついては社内で前向きに検討させていただいている。
MT4サーバー側での追加開発が必要となり、導入時期は決定していない。」

・・・とのことです。
仮にですが、OANDA japanが両建て可能となりましたら、
総収益が7,000ドル超え、PFは1.35にまで化けます。
両建て解禁が待ち望まれますね。

続いて、全期間の4本足データをダウンロード出来なかったブローカーです。

FXCM JAPAN
両建て=確認中
GMT+2(2015/1/18より)
※情報提供いただきました鳳雛さん、誠にありがとうございます。
0:00の注文=問い合わせ中
平均スプレッド=2.3(別途手数料あり)
総収益=+5,785.06ドル(2014/8/5~のみ)
PF=1.57(2014/8/5~のみ)
勝率=39.17%(2014/8/5~のみ)

長期間の4本足データを取得できませんでしたので、参考程度に見て下さい。
FXCMは米国FXCMが一時危機的状況になったかと思われましたが、
3億米ドル(約350億円)の財政支援を受けることにより乗り切れたようです。
また、明日よりGMTがGMT+2に変更になるようですので、
0:00の注文がOKであれば、SCH-Trend systemの稼働条件は満たされます。

外為ファイネスト(MT4-ZERO)
両建て=OK
GMT+9
0:00の注文=問い合わせ中
平均スプレッド=1.6
総収益=+3270.37ドル(2014/10/22~のみ)
PF=1.55(2014/10/22~のみ)
勝率=42.42%(2014/10/22~のみ)

こちらも長期間の4本足データを取得できませんでしたので参考です。
NDD(STP)でスプレッドも狭いです。
GMT補正機能付きSCHがあれば使用できそうです。

ここに掲載の無いブローカーについては現在調査中です。
新たな情報が入りましたら、この場で報告させていただきます。

また、リトライ等の盛り込みたかった機能はまだ全て実装できませんが、
GMT補正機能付きSCHについて、明日より急遽稼働チェックを行います。
リリースは今週中(遅くとも今月中)を予定しますので、宜しくお願い申し上げます。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 投資3本柱を構築して稼ぎ続ける手法 , 2015 All Rights Reserved.