FX自動売買を主軸とした唯一無比の投資法を公開しています

カワセ係長さんは相場予想をするんですか?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

【旧ブログ記事の転載です(2015年6月23日記事)】

冒頭のご質問、たまにいただきます^^

『相場予測するんですか?』
『どれくらいの確率で当たりますか?』

それに対する私の回答:

・・・

「しません。」

私は相場予測をしないんです。
現状価格から上がるか下がるかなんて、予想しないんです。

この相場予測をするという行為、
結構多くの方が陥りやすいポイントですので、
『リスク』というワードと併せて、順を追って解説しますね。

今までのブログ記事を見てもらえれば分かるのですが、
私は結構、沢山のラインを引きます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
2015年6月21日のポンド円チャート

この沢山のラインは、
未来の相場の動きを予測する目的ではありません。

目的は2つ。
“現在価格の立ち位置確認”と、
“距離感からのリスク想定”です。

まず1つ目の
“現在価格の立ち位置確認”。

・現在、相場は上昇トレンドなのか?
・意識されている高値/安値はどこか?
・主要なラインに対してどれくらいの距離感があるのか?

人生や仕事なんかでもそうですが、
“自分の立ち位置”の把握は、すごく大事だと思うんです。

・ラインを引く。
・ボリンジャーバンドを表示させる。
・主要な移動平均線を表示させる。

そうすれば、現在価格の立ち位置が見えてきますね。
ボリバンまでの距離感は?ラインとの位置関係は?

主要ラインまでの距離感を視認します。

そして、ラインの2つ目の目的:
“距離感からのリスク想定”の出番です。

上と下の両方向のラインにぶつかるまで、
ポジションを持ったと想定します。

それぞれの獲得pipsと損失pipsを計算。

損失pips<獲得pipsなら、
→エントリー
損失pips>獲得pipsなら、
→何もしない

雰囲気を掴んでいただけましたでしょうか?

私の相場に対するアプローチは、割とシンプル。

「今は上昇トレンドだ。だから、絶対に買いだ!
買い予想だ!!」

…これは相場を予測しているだけです。
予想するだけの行為は絶対に失敗します。
実際に私は失敗してきました。

「今は上昇トレンドだけどここで買いポジションを獲ったら、
すぐに195.82円の壁にぶち当たる可能性がある」

…現状からのリスク想定です。
予想と想定は似てるようでちょっと違います。

予想:上がるだろうから、買う
想定:こんなリスクとリターンが想像できるから、買う

私がいつも取る行動は、いつも『想定』が先です。

『想定』が上手く出来るようになると、
『リスク把握』が上手くできるようになります。

それでは、現在の相場。

上に195.82円のラインがあります。
現在価格:195.00円では買いません。
ぶつかって跳ね返されるリスクがあるためです。
+80pips程度のためにリスクは取りたくない。
(195.82円で跳ね返される想定をしました)

但し、195.82円を超えたら、
その上にラインが無いので、
伸びる可能性がある。
だから、リスクの少ないポイントで
買い準備(押し目待ちですね)。
(上に抵抗線が無いので、伸びる想定をしました)

売りの可能性については、
現状が上昇トレンド継続中なので、
主観は置かない。
但し、底抜けの可能性は十分に想定しておく。
(下の支持線まで下がる想定をしました)

こうなったら、、、こうなる想定。
こうなったら、、、こんなリスク。

私の相場へのアプローチ方法でした。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 投資3本柱を構築して稼ぎ続ける手法 , 2015 All Rights Reserved.