FX自動売買を主軸とした唯一無比の投資法を公開しています

日銀の政策転換を受けて

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2つのイベントが終わりました。

FRBが利上げをしてこなかったのは想定通り。

一応、下記の記事で記載していましたが、
利上げ無しは、割と簡単に予測できましたね。


9月17日の記事

米大統領選前に利上げはしてこないでしょうから
恐らくは、12月に利上げでしょう。

もちろん利上げは、
「経済の数字がついてきたら」の話ですが。

これからの市場の関心ごとは
徐々に大統領選に移っていく流れになるでしょうね。

で、問題は日銀。

追加緩和はありませんでしたが、
上手いこと言ってきました。

これまでの量的緩和のスタンスを完全に覆し、
「金利ターゲット」を定める政策に転換。

「通貨供給量を大きくすれば物価が上がる」という、
これまでの黒田氏のスタンスから
大きく政策を変えてきました。

今回の発表、大変聞こえが良いです。

10年国債の買い付け量を減らし、
長期金利が0%付近になえるように調整しますので、
銀行や年金基金の運用悪化に歯止めがかかります。

その一方で、
短期国債の買い付け割合を増やし、
中短期金利を下げれば、
円高を望まない産業界からの反発も防げます。

「言う事無し」ですね。

ここからは個人的な見解になりますが、
金利のコントロールは
大きな危険性を孕んでいると思います。

本来、相場や金利は、
官製ではなくマーケットが決めるべきです。

そもそも、
日銀が長期金利をコントロール出来るのか?

コントロールし続けた結果、
経済実態と合わない状態になってしまい、
「出口」がますます遠くなってしまわないのか?

今後、
長期的にリスクの高い相場になりそうです。

さて、

ドル円相場は結果として、
100円割れを試しにきています。

チャートをよく見ますと、
私が以前から引いていた下降トレンドラインに対して、
昨日はキレイに跳ね返されました。

以下はポンド円チャートですが、
139.2円で持った売りポジション
相変わらずホールド中です。

WブロックトレーディングのBサインも同時に出ていましたので、
ポジションのホールドは、今後も継続です。

底値が厚い感じがするのは、
ドル円が100円割れをトライしているため。

ここからの反発もあり得ますので、
損切の逆指値は下げておいたのですが、
1,500pipsはとってほしいところです。

———————————————————
カワセ係長が提案する第2のトレンドフォロー・スイングEAです。
GSP-FLOATING system

———————————————————

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 投資3本柱を構築して稼ぎ続ける手法 , 2016 All Rights Reserved.