FX自動売買を中心に投資の本質を色々と。

MT4のセットファイル(setファイル)の扱い方

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

MT4でEAのバックテストをする時、
様々なパラメータを試してみて検証する事もあると思います。

 

で、色んなパラメータを試しているうちに、

「このパラメータ設定は大事だから保存しておきたい!」
「後日にこのパラメータ条件を読み込んで活用したい!」

という事もあると思います。

 

そんな時には「setファイル」を使うと便利です。

EAのパラメータを保存しておき、
いつでも呼び出す事ができる「setファイル」の扱い方について解説します。

※バックテスト画面にて解説していきます。

 

パラメータ条件をsetファイルに保存する

 

1,バックテスト画面で「エキスパート設定」をクリックします。

 

2,適宜にパラメータを変更します。

 

3,実際にバックテストしてみて「このパラメータでバックテストしたらどうなるか?」も確認します。

 

4,良いパラメータ条件が見つかったら「保存」をクリックします。

 

5,適宜に名前を決めて「保存」をクリックします。

これで、「俺の最強パターン-その1」というsetファイルを保存できました。

 

setファイルはどこに保存されている?

 

1,MT4の左上「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

 

2,「tester」フォルダを開きます。

 

3,testerフォルダの中に、先ほど保存されたsetファイルが確認できます。

 

setファイルを呼び出す

先ほどsetファイルに保存したパラメータ条件を呼び出してみましょう。

1,バックテスト画面で「エキスパート設定」をクリックします。

 

2,「読み込み」をクリックします。

 

3,適宜にsetファイルを選択し「開く」をクリックします。

 

4,先ほど保存したパラメータ条件が呼び出されました。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© FXと自動売買と投資の本質。 , 2022 All Rights Reserved.