FX自動売買を主軸とした唯一無比の投資法を公開しています

明けましておめでとうございます。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年です。
明けましておめでとうございます。

カワセ係長です。

宣言通り正月はメルマガ休み、
年が明けてすでに4日目となりますが
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さてさて。

さっそく通常運転でいこうと思いますが
昨日の朝にビックリする事があったのは
あなたもご存知かと思います。

110円少し下回る辺りで推移していたドル円が
いきなり急落して104円台に

そしてすぐさま107円台まで反発

「年末年始は控える」と言っていましたが、

もし相場に参加されていた方は、
大きな利益を取った人」と
大きな損失だった人」に二分されたかと。

【年末年始の相場についての記事】

ご祝儀相場前の相場閑散時期にご注意を。

いやはやそれにしても
私はリアルタイムで見れませんでしたが、
チャート見るだけで恐ろしいです。

FX業者によっては
7円くらい下がってたチャートもありました
(これだけの急落だとレート差異も出てくるでしょう。FX業者によってカバー先も違うし。)

んで、今日の本題。

今回の大相場によって
私の作ったEAにも影響が出てしまいました。

EA-BANKのDST-systemです。

【DST-system】

DST-system

具体的には、今回の大相場で、
AUDNZDが1.0000を下回ってしまいました。

一瞬、1.0000を下回りました。

過去20年以上で一度も下回らなかったライン
一瞬だけ下回ってしまったのです。

なお、メルマガでお話していましたが、
「AUDNZDが1.0000を下回る」は、
EAを停止する判断基準となります。

ですので、昨日にさっそく
もうやめるべきか?
との質問を1件お受けしました。

これに対する私からの回答を
今日のメールで共有させていただきます。

Nさん、ありがとうございます。

こんな形で1.0000を下回るとは
私もまったく想定していませんでした。

AUDNZDが1.0000を一瞬下回りました。
DST-systemは撤退すべきでしょうか?

【カワセ係長より回答】

Nさん

明けましておめでとうございます。
カワセ係長です。

いつもメルマガご購読ありがとうございます。

本日の相場について大変驚いています。

Nさんもご存知のとおり、AUDNZDが
一時的であれ1.0000を下回りました。

私が確認できる範囲(20年間)で初です。

大変驚きました。

そして、
一瞬だけ1.0000を下回った後に急反発し、
元のレート(1.0470付近)に戻っているのにも
私個人として2度驚いています。

ニュースとかでは

アップルが業績予想を下方修正したことで、
世界経済の先行き懸念が高まったことが要因

とか報じられていますが、
今朝の相場は完全に仕掛け売りです。

商いがとても薄いなか、
誰かがストップ狩い狙いの大きめの売りを入れ
どんどんストップ売りを巻き込みました。

年明け早々大儲けして、
早くも今年の利益をガッツリ確保した輩が
いるという事だと思います。

ストップ狩り狙いの売りを仕掛けた奴です。

そして、
急落の主人公はAUDもNZDでも無かったですが
結果としてAUDNZDも巻き込まれました。

私、個人的にも大変驚いています。

んで、
ここからは開発者としての見解になります。

結論といたしましては、
DST-systemについては、
状況的には変わってないと思っています。

下落の勢いが強すぎて
一時的に1.0000を割りましたが、
「12pipsほど」しか割っていないためです。

※FX業者によってカバー先が異なるので
業者によるレート違いはあると思います。

リアルタイムでは見れませんでしたが
今日、1.0000を割っていたのは
おそらく30秒もなかったと思います。

その3分後にも1.0000割れを試しましたが、
40pips手前で跳ね返されていました。

1.00の底堅さは健在だとと思いますし、
現時点では1.04近辺まで戻っています。

現時点でロスカットになっていない場合は
DSTは長期運用型のEAなので
そのまま稼働するのが良いと思います。

しかし、
運悪くロスカットになった場合については
私にも判断ができかねます。

再び1.00を割る可能性もゼロではないですし、
一瞬でも1.0000を割ったことで
底堅さは従来より低くなったのは事実なので
ここで手を引くのも一つの判断となります。

DST-systemを使えるEA-BANKには
他にも優秀なEAもありますので
そちらメインに切り替えていくのも手だと思います。

現時点で言えるのは
AUDNZDが一瞬1.00を割った
何事も無かったかのように1.04台に戻った
という事実と現状です。

一瞬割れて戻る」はまったく想定しておらず
具体的な行動指針を指し示す事は出来ませんが
最終的にはNさんにてご判断をいただきたく
宜しくお願い致します。

本年も宜しくお願い致します。

カワセ係長

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 投資3本柱を構築して稼ぎ続ける手法 , 2019 All Rights Reserved.