FX自動売買を主軸とした唯一無比の投資法を公開しています

情報商材屋さんは40億売り上げて借金があるそうです。

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

カワセ係長です。

少し前ですがのYahoo!トップページに
面白いニュースが出てましたね。

情報商材の販売会社の代表が
法人税を脱税して告発されたそうです。

【Yahoo!ニュース】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00000016-asahi-soci

驚きなのはその「額」です。

なんと、約2億円。

売上げとか利益じゃなくて、
「脱税額」が約2億円だそうです。

販売していた情報商材は、

「バイナリッチプロジェクト」
「チェンジ・ザ・ワールド」

聞いた事あるような、ないような、
この手の商材にありがちな名前です(笑)

ってか、脱税額も去る事ながら、
合計で40億円も売上げてたって、
なんともエグイ金額ですねぇ。

商材の金額は知らんが、
たとえば商材1個30万円だとしたら、

4,000,000,000÷300,000=13,333

会社の売上げ全額が商材じゃないでしょうが
「1万人」に商材を売ったって事ですね。

カスみたいな商材を。

ま、騙す方がもちろん悪いワケですが、
安易に騙されるのもどうかと思いますよ。

「1クリックで10万円?」
「バイナリーで勝率9割?」
「このツールで億万長者?」

何を言おうと自由ではありますが、
セールスページに「根拠」が無いのに
安易に騙されないようにしましょう。

詐欺師ばっかりが潤います。

アホな対談動画を見せられて、
馬鹿正直に信じてる場合じゃありません。

1万人も馬鹿動画に騙されるとは、
なんとも嘆かわしいかぎりであります。

ってか、情報商材の場合、
動画に出てくる「先生役」(演者)がいて、
そいつの名前が出てくるのが一般的ですが

今回みたいに、
会社代表の名前がそのまま出てくるのは
とても珍しいですなぁ。

あと、告発された代表者の年齢は55歳。

ただ代表をさせられてた
名ばかり代表取締役かもしれないですが
この業界にしては随分とご年配。

ガンガンやる奴は、
ガキんちょみたいな若造が
多いらしいですから。

まー、話ずれましたが、
あの手の商材って40億も売れるんですね。

で、さらに衝撃なのが、
脱税した金は借金返済に充ててたとか。

【別の記事】
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019121100543&g=soc

40億売上げてるのに借金って、
どのように生きたらそうなるのか(笑)

ちゃんと納税しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━
ふるさと納税とか
━━━━━━━━━━━━━━━

税金で少しでも得をしたければ
脱税せずにふるさと納税しましょう。

「俺は関係ない」って思ってても
意外と得するかもしれませんよ?

多くの方は給与明細から
住民税が引かれてると思いますが

そのまま税金が給与天引きされても
何にも見返りって無いじゃないですか。

しかし、違う自治体に納めると
1万円納税につき3,000円相当ほどの返礼品が
御礼の品として貰えます。

正確には自己負担金2,000円が必要ですが、
2,000円払ってもそれ以上の返礼品が来たら
十分にお得になります。

・そのまま20,000円が天引きされたまま
→なんにも貰えず

・他の自治体に20,000円をふるさと納税
→6,000円相当の返礼品が貰える

同じ20,000円を税金として納めるなら
返礼品を貰える方が良いじゃないですか。

もし、自分の地元を離れていれば、
ふるさと納税を通して、
自分の地元に納税する事も出来るってもんです。

すでに給与から住民税が天引きされてても
確定申告で[ふるさと納税した事]を申告すれば
天引きで納め済の税金は戻ってきますからね。

たとえば、2019年度中に
40,000円の住民税を納付済だったとします。

で、12月31日までに、
20,000円のふるさと納税をしたとします。

ふるさと納税をしたら証明書が届くので、
それを持って確定申告に行くんです。

すると納めた税金が戻ってきますから。

あ。

今回の説明ですが
イメージしてもらいやすくするため
めちゃくちゃ噛み砕いて書いてます。

ふるさと納税のサイトとか行くと

「控除限度額はいくらで〜」とか
「年末調整で〜」とか
「〇〇控除は▲▲で〜」とか

説明がややこしいじゃないですか。

ま、税金っていうデリケートな部分なので
瑕疵があるといけませんから
正確、且つ、確実に解説するんでしょうが

説明が分かりにくすぎて、
「結局、なに?」ってなります。

ですんで今日は、
多少の正確性はひとまず置いておいて
私なりに噛み砕いて解説してみました。

—————————
・天引きで住民税が引かれただけだと
なんにもない。

・代わりにふるさと納税をすれば、
1万円につき3,000円の返礼品が貰える。
(自己負担金は2,000円)
—————————

今日の私の解説はあくまで参考の参考なので
納税できる額を調べたい場合は、
ふるさと納税のサイトで計算してみましょう。

【さとふるの計算ページ】
https://www.satofull.jp/static/calculation01.php

私もふるさと納税してますよ。

偽善者ぶるつもりもないですが
台風19号の被害地域にも納税しました。

あ、さとふるに登録するなら、
ポイントインカムってサイトに登録後に、
そこを経由してさとふるに登録するのがお勧め。

無料会員登録でポイントもらえます。

【ポイントインカム】
https://pointi.jp/p/?a=rbf880519759

上記から誰かが無料会員登録すると
ワシもポイントが貰えるので嬉しい(笑)

んでは。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 投資3本柱を構築して稼ぎ続ける手法 , 2019 All Rights Reserved.