FX自動売買を主軸とした唯一無比の投資法を公開しています

大手のFX会社が湯水の如く広告費をかけてでも集客を頑張る儲けのカラクリとは?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。
カワセ係長です。

さて今日は、
「FX会社の素朴な疑問」について
質問をいただいたので紹介します。

 

【Nさんより】

母がお世話になっておりますm(_ _)m

いつも、色んなブログとかで
DMM FXが一位になってて人気ありますが
広告費もかなりかけてるようだし、
どうなんだろう?と思ってました。

カワセ係長さんは、どう思われますか?

何か裏はあるのでしょうか?

【カワセ係長より】

Nさん

こちらこそありがとうございます^^

お母さまにも
宜しくお伝えできますと幸いです。

さて、
DMMですが、当然、裏はありますよ。

FX業界(に限らずトレード全般)では、
投資家の95%が負けると言われています。

投資家の95%が負けるのを知ってるから
プロモーションしまくりの
広告費かけまくりでも回収できるから
派手な広告を打ちまくれるんですよ。

広告費かけて集客しまくって
口座開設させて入金させるじゃないですか。

顧客100人から
10万円×100名=1,000万円集めたとします。

100名の5%は「5人」

「5人」は勝ちトレーダーです。

5人が資金を2倍にしたとすれば、
20万円×5名=100万円。

95人が資金を溶かしたとすれば、
-10万円×95名=-950万円。

FX業界では、
客が損すれば業者は利益です。

FX会社としての利益は、
+950万円-100万円=+850万円です。

顧客の損失=FX会社の利益なので
ハッキリ言ってぼろ儲けです。

100人に口座開設させてこれなので、
母数が大きくなったら、
あとはどうなるか?という話です。

ですんで集客しまくるんです。

業者側が負けるなら、
集客しませんし、
そもそも「業者」をやりません。

儲かるから「業者」は頑張るんです。

あ、そうだ。

「投資の勝ち組5%」って言われますが、
あれ、「1年単位」という事ですからね。

2年連続、3年連続、、、となると
どんどん「勝ち組」の割合は減っていきます。

どうやっても
トレーダー側が勝手に負けてくれるので
「業者側」は金をかけて
お客さんをどんどん集めたい訳です。

DMMはやり手なので上手いので、
上手に集客をされている感じですよね。

あ、実はDMMは
私の地元の小さなレンタルビデオ店でした。

およそ20年で急激に大きくなりましたので、
そういう勢いもありますし
事業の攻め方守り方が上手いな〜と思います。

・・・って感じです。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 投資3本柱を構築して稼ぎ続ける手法 , 2019 All Rights Reserved.