カワセ係長の無料メールマガジン、読んでみませんか(^_^)?

ほぼ毎日、発刊中!
ブログに書いてないこと、実はいっぱい喋ってます f^_^;)

名前   
メールアドレス

日銀の政策転換を受けて

2つのイベントが終わりました。


FRBが利上げをしてこなかったのは想定通り。


一応、下記の記事で記載していましたが、
利上げ無しは、割と簡単に予測できましたね。



9月17日の記事


米大統領選前に利上げはしてこないでしょうから
恐らくは、12月に利上げでしょう。


もちろん利上げは、
「経済の数字がついてきたら」の話ですが。


これからの市場の関心ごとは
徐々に大統領選に移っていく流れになるでしょうね。




で、問題は日銀。


追加緩和はありませんでしたが、
上手いこと言ってきました。


これまでの量的緩和のスタンスを完全に覆し、
「金利ターゲット」を定める政策に転換。


「通貨供給量を大きくすれば物価が上がる」という、
これまでの黒田氏のスタンスから
大きく政策を変えてきました。


今回の発表、大変聞こえが良いです。


10年国債の買い付け量を減らし、
長期金利が0%付近になえるように調整しますので、
銀行や年金基金の運用悪化に歯止めがかかります。


その一方で、
短期国債の買い付け割合を増やし、
中短期金利を下げれば、
円高を望まない産業界からの反発も防げます。




「言う事無し」ですね。


ここからは個人的な見解になりますが、
金利のコントロールは
大きな危険性を孕んでいると思います。


本来、相場や金利は、
官製ではなくマーケットが決めるべきです。


そもそも、
日銀が長期金利をコントロール出来るのか?


コントロールし続けた結果、
経済実態と合わない状態になってしまい、
「出口」がますます遠くなってしまわないのか?


今後、
長期的にリスクの高い相場になりそうです。




さて、


ドル円相場は結果として、
100円割れを試しにきています。



チャートをよく見ますと、
私が以前から引いていた下降トレンドラインに対して、
昨日はキレイに跳ね返されました。


以下はポンド円チャートですが、
139.2円で持った売りポジション
相変わらずホールド中です。



WブロックトレーディングのBサインも同時に出ていましたので、
ポジションのホールドは、今後も継続です。


底値が厚い感じがするのは、
ドル円が100円割れをトライしているため。


ここからの反発もあり得ますので、
損切の逆指値は下げておいたのですが、
1,500pipsはとってほしいところです。


———————————————————
カワセ係長が提案する第2のトレンドフォロー・スイングEAです。
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system?|?fx-on.com
———————————————————

今、持っている200pipsのポジションはどうしますか?

21日~22日のイベントを前に、
「保有ポジションをどうするか?」について質問をいただきましたので、
共有させていただきます。


【ご質問】
お世話になります。


本件で質問ですが、
今持っているポジションについてはどうお考えですか?


今3つのポジションで、
それぞれ200pipsくらいプラスなので
結構な含み益を持っている状態ですが、
反転を警戒して手動決済するのもありでしょうか?




【カワセ係長より回答】
U様


こんばんは、カワセ係長です。


Uさん、お久しぶりです(^_^)
Wブロックトレーディング検証会では
大変お世話になりました!!


回答致しますね。


あくまで個人的な意見となりますが、
半分決済して、半分ホールドするのが理想です。


私のEAは、
決済命令(プログラム)においてロットを見ておりませんので、
半分を決済してしまっても大丈夫です。


その考え方は、
昨日のメルマガと同じでして、


>首尾よくトレンドが出れば大きな利益に繋がりますし、
>損切になってしまっても、損切金額は半分になります。


と、なります。




なお、
「もし、どうしてもどっちか選べ」
と言われましたら、私は手を加えません。


そのままポジションをホールドします。


理由は、
WブロックトレーディングのBサインと
同じポイントでエントリーしているためです。


検証会に参加されましたので、
ブログのチャートを見れば分かるかもしれないのですが、
絶妙な位置でBサインが出ていました。
(自分で言うのも何ですがf^_^;)


9月17日の記事


GSP-FLOATING systemと
WブロックトレーディングのBサイン。


2つの売りサインが同時に出ていますので、
これはもう、
「ホールドしておけ」と言われているようなものです。


以上、回答とさせていただきます。


但し、
イベントまでにEAが普通に決済を入れるかもしれませんので、
その点は、注意して下さいね。


カワセ係長

FOMCと日銀会合では、EAを稼働させますか?

カワセ係長のメルマガ読者さんから、
来週のFOMCと日銀に関するご質問をお受けしましたので、
その回答内容を共有しておきます。


———————–
こんにちは。


ご存知の通り最近は、
トレンドフォロー系EAの利益が出にくい状況になっています。


相手は相場ですので、「絶対」は無いのですが、
是非、長期目線で実践いただければと思います。


年単位でプラスになっている事を目標に、
過度なリスクにならないようなロット設定を心掛けて下さい。




さて、


FOMCと日銀ですが、
私は小ロット(半分)で稼働させます。


首尾よくトレンドが出れば大きな利益に繋がりますし、
損切になってしまっても、損切金額は半分になります。




いつもと同じロット設定では、
場合によっては大きなリスクになりますので、
来週(9/19~9/22)は、特に細心の注意が必要です。




なお、イベント後は、
相場に流れ(トレンド)が出れば、
それを確認してEAを稼働再開させます。


相場に流れが出たかどうかの判断は、
下記のブログ記事にアップしたチャートを見て判断します。



9月17日の記事


つまり、
トレンドラインを割れる(超える)くらい、
相場が動いたかどうか?を見て、
EAの再稼働判断を下す形です。


また、何でも聞いて下さいね。


カワセ係長

139.2円で持った売りポジションの含み益が大変なことに

私のEA(特にGSP君)が、
今年に入ってず~~っっと快進撃を続けてきましたが、


ここにきてようやく一休みです。




前回のメールで、
「さすがに一旦休憩するのでは?」
なんて言ってましたが、


私がメルマガで何かを言うと、
良い時も悪い時もよく当たってしまいます(汗)




一応、適当に言っている訳では無く、
根拠があって発言するようにしていますので、
その点は悪しからずf^_^;;


ハト派のブレイナード氏が講演する辺りから、
(もしくはもう少し前から)
相場に動きが少なくなってくる流れは、
ある程度は織り込んでいました。




相場に動きが無くなりますと、
私のEAは強くありません。




ボックス相場では我慢して、
トレンド相場で稼ぐのが私のEAでして、


トレンドが出にくい現在の状況では、
利益を出すにも出せません。


「我慢」です。




さて、相場値動きは、
今週になって更に少なくなっています。


以下、ドル円チャート
 ↓



以下がポンド円チャートです。
 ↓



あ、
ポンド円チャートで見える緑の線は売りポジション、
赤線は、売りポジションの逆指値です。


139.2円で持った売りポジションが、
大変な含み益になっています。




話が逸れてしまいましたが、
相場値動きが少ないのは、
来週、9月21日~22日までです。


恐らく、
米利上げは無しでくるでしょうが、
日銀の追加緩和はトップが黒田氏なだけに不気味です。


そのため、
市場は方向感を決めきれずに喘いでいます。


FOMCと日銀イベントさえ終われば、
相場に方向感が出てくるでしょうから、


それまでは、
両EAにとって我慢の時期が続くでしょう。


———————————————————
カワセ係長が提案する第2のトレンドフォロー・スイングEAです。
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system?|?fx-on.com
———————————————————

GSP-FLOATING system 2016年8月度の成績

GSP-FLOATING system 2016年8月度の成績です。
2016年7月度成績は、


 +121,660円の利益


 獲得pipsは+608pips


 月利+12.1%


と、なりました。





もうすぐ、利益が+200万円に達しそうです。


口座残高が200万円という事では無く、
初期資金100万円の口座が、2年の運用で残高300万円になりそう。
ということです。


私が昔から使っていた裁量ロジックをEA化しただけですので、
バックテスト通りにフォワード成績が推移するのは当たり前なのですが、


最近はちょっと勝ちすぎですので、注意が必要かなとも思います。


ブログだけでは無くインヴァスト証券でも
「現在の相場は、GSP-FLOATING systemにとっての得意相場」
と言いましたが、


 ブログの記事(7月19日)
 インヴァスト証券の記事(7月19日)


7/19日からスタートの利益だけで、+243,620円になっています。


8月は決してやり易い相場ではありませんでしたが、
これからの年末にかけて、更に大きな流れをとっていって欲しいところです。


———————————————————
GSP-FLOATING system
約2400トレードで670%の利益、最大ドローダウンは7.11%
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system | fx-on.com
———————————————————

SCH-Trend system 2016年8月度の成績

SCH-Trend system 2016年8月度の成績です。


 -47,221円の損失


 獲得pipsは-157pips


 月利-4.7%


と、なりました。





先月に勝ちすぎましたので、
8月は小休憩といったところでしょうか。


もちろん、「わざと負ける」なんてことはしないのですが、
勝ち続けることは無く、負ける月も出てくる物だと思っています。


EAは確率論ですからね。


9月に入ってさっそく、
+300pips超え(+10万3千円)の利益があったのですが、
この8月分への集計には含めずに、9月への集計に持越しとなります。


先週末の雇用統計の結果を受けて、
ポンド円は138円台まで上昇しましたが、
9月利上げの観測は一旦後退しています。


サマーバケーションも終え、9月に入ったので、
これからの大きなトレンド発生を期待したいところです。


—————————————————————–
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
—————————————————————–

GSP-FLOATING system 2016年7月度の成績

GSP-FLOATING system 2016年7月度の成績です。
2016年7月度成績は、


 +142,400円の利益


 獲得pipsは+712pips


 月利+14.2%


と、なりました。





今月も極めて快調でした。
自分で言うのもなんですが、安定感が抜群です。


Brexitを前後して、
中長期的なトレンドが発生し易い状況が続いていますが、
そんな中で大小様々なトレンドに乗り、利益を重ねています。


先日、私はブログでこのような発言をしていました。



「つまり、英国国民投票以降の現在の相場は、
GSP-FLOATING systemにとっての得意相場になっています。」

「マーケットは混沌とした状況が続いていますが、
その中で発生する大小の様々なトレンドを、今後もとっていってくれることでしょう。」





この発言をしたのが、7月19日。


かなり強気の発言をさせていただいていましたが、
私は、それだけこのEAに自信がありました。


7月19日~本日8月6日までに積み重ねた利益は、

+11万4,520円です。


その間、カワセ係長のメルマガでも、このEAを話題にあげてきていますので、
この短期間で、私と同じく利益を上げられた方は多かったと思います。


→カワセ係長のメルマガはコチラ


相手は相場ですので、
『絶対』なんてどこにも存在しないのですが、
確率論的、そして「トレンドの出やすい相場的」に、
GSP-FLOATING systemは勝ちやすい環境にあります。


———————————————————
GSP-FLOATING system
約2400トレードで670%の利益、最大ドローダウンは7.11%
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system | fx-on.com
———————————————————

SCH-Trend system 2016年7月度の成績

SCH-Trend system 2016年7月度の成績です。


 +263,123円の利益


 獲得pipsは+877pips


 月利+26.3%


と、なりました。





上記のグラフを見ていただければ分かるのですが、
2016年6月、月利としての過去最高益を更新しました。


チャート的にも、
大小これだけのうねりやトレンドが出ていれば、勝てない訳が無いです。





EAの開発は、データや数字遊びで出来るものではありません。


GSP-FLOATING systemの記事でも述べていますが、
ポンド円は、流れの出やすいやり易い相場になっています。


このようなトレンドの出やすい相場では、
トレンドフォロー系のEAを稼働させるのが有効と言えます。
※EAのON/OFFは、かなりレベルの高い技術ですが。


とは言え、
トレンド相場に限って稼働させていなくても、
ほったらかし稼働で、収益+100万円を突破してきました。
100万円の資金が、勝手に200万円になったということです。


その一方で、
GSP-FLOATING systemは、100万円が370万円になっていますがf^_^;
—————————————————————–
SCH-Trend system
トレンドフォロータイプのスイングEAです。正攻法で利益をトコトン追求します。
SCH-Trend system
SCH-Trend system | fx-on.com
—————————————————————–

GSP-FLOATING systemを値上げさせていただく運びとなりました。

こんばんは。カワセ係長です。
fx-onで既に告知されておりますが、
タイトルの通り、下記EAを値上げさせていただく運びとなりました。


 該当EA:GSP-FLOATING system
 価格:¥19,800 → ¥26,800
 価格UP日:8月1日(月曜)
  ※現行価格は、7月31日の23:59まで


EAは投資・投機に関わる商品ですが、
その性質は株式と何ら変わらないと、個人的に思っております。
現状、EAが利益率+160%を突破し(100万円資金→260万円超えに)、
多数のお客様にご購入・ご評価いただいている現状を鑑み、
販売価格のアップという決定をさせていただきました。


ですが、もしご購入をお迷いになられている方がいらっしゃいましたら、
ご決断はどうぞ慎重になさって下さい。
このEAは損切りを行いながら、勝率40%以下で利益を積むタイプのEAです。
今一度、自身の投資スタイルと照らし合わせて下さい。


EAは衝動でご購入いただくような商品ではありません。


もし自分のスタイルにまだ合わない,まだ必要無いと考えましても、
今回の値上げ幅分程度であれば、すぐに回収できるEAでもあります。


度重なりますが、
自身の投資スタイルと照らし合わせになられた上で、
慎重にご検討のほど、宜しくお願い申し上げます。

———————————————————
GSP-FLOATING system
約2400トレードで670%の利益、最大ドローダウンは7.11%
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system | fx-on.com
———————————————————

今週末に販売2周年

GSP-FLOATING systemは、
今週末に販売2周年を迎えます。


途中、ドローダウンを喫した時期もありましたが、
フォワード公開後も、
バックテスト通りの収益推移を続けており、
現在の総獲得利益は、+175万1千円となっています。


100万円の初期資金が、
2年間の運用で275万円になったということです。


———————————————————
GSP-FLOATING system
約2400トレードで670%の利益、最大ドローダウンは7.11%
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system | fx-on.com
———————————————————


過剰最適化の要素を徹底的に排除したロジックを採用していますので、
今後も、バックテスト通りのトレードを続けてくれることでしょう。


今後のGSP-FLOATING systemにご期待いただければと思います。


さて、このEAですが、
今年に入ってからの好調さは、目を見張るものがあります。


最近は、運用されている方も多いですので、
最近の好調さについて、開発者より、少しお話ししようと思います。


下記のチャートは、ポンド円の日足チャートです。





ポンド円は去年終盤から、
下降トレンドを形成し易い状況になっており、
時期を同じくして、当該EAの利確機会が多くなってきています。


タイミングとしては、
去年末まで意識されていた180.42円のサポートを割った辺りから。
特に、180.00円を底抜けてからはShort方向の流れが顕著になり、
最近は、+300pipsを超える獲得利益も珍しくありません。


このように、
GSP-FLOATING systemが好調となるのは、


【相場に流れが発生したトレンド相場】です。


このEAは、
1時間足以上のチャートで方向感が定まれば
極めて高い確率で利益を獲得することが出来ます。


その一方で、レンジ相場が苦手という側面もありますが、
私の裁量手法であるGSPメソッドが、一回あたりの損失を最小限に抑えます。
また、EA向けに開発したフィルタリングルールが、
利益の最大化を狙える方向にエントリーを絞るため、
効率的な利大損小ロジックを実現しています。


記憶に新しいですが、
Brexitとなった英国国民投票を前後し、相場の中心はポンドと円です。


先々週、ポンドドルは31年ぶりの安値を更新し、
また、投資家達のリスクオフの意識から、円に資産が流れやすくなっています。
その一方で、投機筋による大きな買戻しの動きも随所で発生し、
現在のポンド円は、上下問わず中長期トレンドを形成し易い状態が続いています。


つまり、英国国民投票以降の現在の相場は、
GSP-FLOATING systemにとっての得意相場になっています。


最後に、開発者として運用上の注意を申し上げておきます。


このEAは、利大損小タイプのEAです。
EAとして設計された勝率は、40%を下回っています。


つまり、
トレンドフォローに失敗した場合は、躊躇無く損切りするため、
5連敗や6連敗は普通に発生してしまいます。
事実、好調だった最近相場でも、細かな損切りによる7連敗が2回発生しています。


もし、このEAを運用される場合は、目先の勝ち負けに一喜一憂せずに、
淡々とトレードをさせるのがポイントとなります。


私の裁量メソッドを再現した、GSP-FLOATING system。


マーケットは混沌とした状況が続いていますが、
その中で発生する大小の様々なトレンドを、今後もとっていってくれることでしょう。


———————————————————
GSP-FLOATING system
約2400トレードで670%の利益、最大ドローダウンは7.11%
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system | fx-on.com
———————————————————

 

SCH-Trend system



 カワセ係長が開発した、
正攻法スイングEAです!

GSP-FLOATING system



 2種の異なるトレンドフォロー・ロジックを同梱搭載!
その爆発力はSCH以上です

ランキング参加中!

 ブログランキングに参加してます♪1位になったらEAを配布するかもです(^_^)

参考にしてるブログ

 結構いろいろなブログ、見させていただいてます(^_^)

   リンク集

サイト内検索

タグ

ページの先頭へ