SCH-Trend systemは4時間足ロジックなのに、何故15分足にセットするのか?

SCH-Trend systemについて質問をお受けしましたので、
その回答内容をブログ上でシェアします。


【ご質問】
SCH-Trend systemは15分足にセットするEAと認識していますが、
EAの説明文には「4時間足」との記載があります。


これは、
「4時間足ベースで順張り方向に、
15分足ベースで押し目買い(または戻り売り)の逆張りとなるエントリーを狙っている」
という解釈で正しいでしょうか?




【回答】
Y様


こんばんは、カワセ係長です。
いつもメールマガジンをご購読いただきまして、誠にありがとうございます。


ご質問の件、回答させていただきます。


実はこの件につきましては、SCH-Trend systemリリース直後まで遡ります。
ブログで詳しく説明が出来ていなくて申し訳ないです。


まず、SCH-Trend systemは、4時間ごと稼働のシステムとなります。

現在のバージョンでは、15分足にセットしますが、
0:00→4:00→8:00→12:00→・・・というように、
4時間ごとにしか動作しません。


そして、4時間ごとに動作するEAですので、
初期のSCH-Trend systemは4時間足チャートにセットする仕様でした。


しかし、
自分だけで使うEAですので今まで気にしていなかったのですが、
FX業者には、GMT0やGMT+2やGMT+9など、色々あります。


※GMTについては、以下のブログ記事を参照ください。
ブログ記事1
ブログ記事2




そして


例えばGMT+9の業者(日本時間)ですと、
4時間足の切れ目は、
日本時間で0:00→4:00→8:00→12:00→・・・となり、
日本時間の0:00→4:00→8:00→12:00→・・・にEAが動作します。


しかし、GMT+2の業者ですと、
日本時間の7:00が、MT4時間の0:00になりますので、
日本時間で7:00→11:00→15:00→19:00→・・・となり、
(MT4時間上では、0:00→4:00→8:00→12:00→・・・です)
日本時間の7:00→11:00→15:00→19:00→・・・にEAが動作します。




GMT+9の業者にEAをセットすると日本時間12:00に動作するのに、
GMT+2の業者にEAをセットすると日本時間11:00に動作するのです。
GMT0の業者では、また違う時間に動作します。

これ、
要は「業者ごとにEAの動きが全然違う」ということです。



で、SCH-Trend systemはGMT+2で設計されており、
フォワードもダントツでGMT+2が良かったのです。
私ももちろん、GMT+2で使っています。


この事実が分かった以上、開発者としては、
「GMT+2で動かしてね。他の業者は知りません」
ということにはできません。



そのため、
どの業者で稼働させてもGMT+2と同じタイミングで動作するよう、
SCH-Trend systemをバージョンアップしました。
それが、現行の「M15にセットバージョン」です。


SCH-Trend systemの過去のバージョンアップ以降は、
「どのGMTのFX業者にセットしても、GMT+2の4時間足タイミングで動作する」
という仕様にしました。


そのEAプログラム仕様を実現するために、
15分足データを集めてGMT+2基準の4時間足を内部的に作り出しています。




今まで自分ひとりで使っていたので、気にする事はなかったのですが、
EA販売者という立場になって多くの方に使ってもらい、
とても多くのご意見をいただくなかで、初めて気づきました。


回答が大変長くなってしまいましたが、
ユーザー様側としては、以下と捉えていただければと思います。


【15分足にセットするけど、4時間足動作】


なお、これは完全に蛇足になりますが、
Y様がまさに仰られましたとおり、
4時間足のSCHサインを見つつ、
15分足で押し目と戻りを見るロジックも作りたいんですけどねf^_^;


完全に別EAになると思ってます(笑)

fx-onランキングの改善を依頼しました。

こんにちは、カワセ係長です。


11月25日(金)に
ゴゴジャン(fx-on)の中井さんという方にお会いしました。


私がEA業界に参入したのは2年半前ですが、
fx-onの関係者に直接お会いするのは、その時ぶりでしたね。




27歳とお若い中井さん。


ゴゴジャンさんの営業になって2年だそうですが、
早川社長の意思を受け継がれ、とっても誠実な印象を受けました。
これからも頑張っていって欲しいと思います!




さて、


今回は、ただお会いしただけでは無くてですね、
EA業界の現状や今後の方向性についても、お互いに確認し合いました。


お食事をご一緒しながら
あっという間に3時間が経過してしまいまして、
実に濃厚な会談ができたと思います。


今日は、
そのお話し内容の一つをピックアップしようと思います。




テーマはズバリ、
fx-onのシステムトレード(EA)のサイト画面についてです。


私が古い人間というのもあるのですが、
個人的には2年ほど前のサイト画面の方が好きでした。
具体的には、2年半前のEAランキング形式の方が良かったですね。


当時は、3ヶ月ランキングや6ヶ月ランキングがあり、
「長期的に結果の出ているEA」が上に来やすい状況でした。



今のEAランキングは順位の入れ替わりが激しすぎて、
「自分が使いたい」と思えるEAをなかなか見つけにくい状態になっていると感じます。
(これは、私の主観ですf^_^; )


もちろん、
古株EA開発者だけが有利という状態もよろしく無いので、
活発にランキングが入れ替わる現在の状態は、
新参者のEAにもスポットが当たり、チャンスが生まれて大変良いです。


新参者の方も、私を含む古株の方も、
互いに切磋琢磨しながらEA業界を盛り上げていくのが、
業界活性化のために重要ですからね。


しかし、
現在のfx-onのシステムトレード(EA)トップ画面は、
「長期的に結果を出しているEAが目立ちにくい状態」になっていますので、
以下のEAランキング新設を提案しました。


————————————————————
「フォワード総収益÷フォワードの最大ドローダウンのランキング」
(ランキングに乗る条件は、商品登録6ヶ月後等の条件必須)
————————————————————


収益を最大ドローダウンで割りますので、
長期で右肩上がりのEAが上位に来やすいランキングです。


成績の良いEAが上位に来る仕組みになるので、
このランキングに載っているEAを買われた方の満足度が高くなり、
結果を出しているEAの出品者が、「また出品しようかな」という気持ちになります。


このランキングが新設されたら、
私も久々に、表に出していないEAとかを出品すると思いますね(^_^)
fx-onの活性化に、久々に一役買います。


私の考える、「よく出来たEA」については、私の無料メルマガで解説しています。


<<PDF教材 無料プレゼントはコチラをクリック>>


カワセ係長でした(^_^)

まったくEA向けじゃない相場

ドル円が上昇を続けていますね。
昨日、一時111円手前までいきました。


相場に「予想は不要」ですが、
まさかここまで上昇するなんて思ってもいませんでした。


上がりすぎです。


EA向きの相場では無いので、
最近は、ちょっとPDFレポートの執筆に没頭しています。



久々に、
カワセ係長特性の特別レポートです。


せっかく書いてますんで、
これ、メルマガ読者様全員に無料で差し上げようと思っています。




で、本題は相場なのですが、
ホント、まったくEA向けじゃない相場になっています。


クロス円がアホかと思うくらい上がってます。


テクニカルが通用しそうな雰囲気は微塵もありませんので、
私は未だに自動売買ソフトを停めています。



この数日の間にも、
「いつ動かしますか?」って質問をいただいていますが、


「私は、まだWAITです」


いや、ホント、動かすタイミングが来ないです。
全然、チャートが面白くない。



「今じゃない」ですね。

時期が来たらメルマガで「稼働します」宣言をしますので、
その時までお待ちいただけたらと思います。


10月25日にGSPを停止してかれこれ3週間半ですが、
fx-onのフォワードをチェックしますと、10万円以上負けちゃってますね。



———————————————————
カワセ係長が提案する第2のトレンドフォロー・スイングEAです。
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system?|?fx-on.com
———————————————————


危ない。危ない。


トレンド的には間違いなく上昇トレンドなんですが、
全然、チャートが自動売買向けじゃないです。


「やりにくいな」って感じてるトレーダーさん
・・・少なくないと思います。


もうちょっと、待ちましょう。

GSPは不調ですが、多くの方は無傷

大統領選では、
メルマガで事前予告しながらガッツリ利益を獲りましたが、
EA:GSP-FLOATING systemは不調でした。



上のグラフの緑枠の辺りですね。


ですが、私は無傷です。
メルマガ読者様も無傷の方が多いと思います。



何故なら、10月22日に停めたからです。
以下のグラフは、該当期間の拡大図です。



ブログでは10月27日にEAの停止を言及しましたが、
メルマガでは、その5日前に情報を出しています。


「私はEAを停止します」という情報です。


「私の言う通りに従う」のが正解では無く、
読者様自身が、「情報」をもとにEAの停止判断をされるのが正解ですが、


今後もこういう「活きた情報」をメルマガで出していきますので、
今後とも宜しくお願い致します。


EA再稼働情報は近日中にメルマガで出そうと思っています。


カワセ係長のメルマガはコチラ

大統領選終了。大きく利益をとれた方が多かったようです。

米大統領選相場が終了。


結果として、トランプ氏が勝利という結果になりました。
前回記事で申し上げていた『ギャンブル』は大成功に終わりました(^_^)


予告通り、105円スタートでショートを入れまして、
その後も断続的にショートを重ねる戦略で行きました。


最後の方の反発で少し利益を潰してしまいましたが、
今日一日で大きな利益を得ることが出来たのは言うまでもありません。



前回記事で98円台までの下げを予測していましたので、
ちょっと肩透かしを喰らった感は否めません。
利確は102.5円で行ったので、MAX250pipsほどしか取れませんでしたが・・・。


以下の要素が複合的に作用して、下げ止まった感じになりました。


・クリントン氏が敗北宣言を行わなかった
・終盤、開票進捗がグダグダだった
 (ペンシルベニアの確定が終盤に取り消されたのは、一体何だったのか・・・)
・開票結果がなかなか出ない中で、利確買いが断続的に入った
・実現可否はともかくとして、トランプ氏の減税政策は景気に対してプラスに作用する



なお、
今回はブログだけじゃなくてメルマガでも事前に公言していましたので、
私と同じくショートで爆益を取った方、ホント多かったようです。


お礼メールを、たくさんいただいています。


ですが、
私はただ、自分の戦略をメールで公言しただけです。


私の情報を基に、実行され、そして利益を取られた方でも、
それは、あなた自身の判断の結果であり利益です。


お礼の言葉は特に要りません。
結果だけを教えてくれるだけで嬉しいです。


情報交換とか、質問とかありましたら
何でもメールいただけたらと思いますので、
気を遣わずに何でも聞いて下さいね。


これでドル円は底が固まったので、
101円台は今後しばらくは無いとみています。


トレーダーとしては、久しぶりに面白い一日でした。

大統領選中です

トランプ大統領選中です。
先ほどの記事に関してYさんから質問がありましたので、
ちょっと共有します。


【質問】
—————————————-
おはようございます。


本日のメルマガを見て、面白い!と思って直ぐにショート(105.133)で入ったのですが、
貴殿は、どのへんで利確をお考えですか?


1.結果が出るまでステイ
2.反転するまでステイ
3.もう利確


Y
—————————————-


【回答】
—————————————-
Y様


こんにちは、カワセ係長です。
今、選挙中継とチャートと睨めっこ中です(笑)


もうすぐフロリダが勝ちますので、
101円半ば~101円まで落ちるでしょう。


全体を見ますと、若干トランプ氏が有利ですので、
このままミシガンやオハイオをとれば、
今朝言っていたシナリオが現実的になります。


結論から言えば
結果がでるまで放置で良いです。


結果が出るのは14時~15時くらいになるかもしれません。
接戦中です。


104円くらいにSLを入れておくのが保険になるでしょう。
繰り返しますが、トランプが現実的になってきました。


カワセ係長
—————————————-

米大統領選を控え

米大統領選ですね。


今後の予定としては、


日本時間AM9時に投票締め切り
日本時間正午12時頃には結果が判明する見込みです。


投票中は、同時に出口調査が行われていまして、
その結果は日本時間AM9時に速報されます。


そこでまず、相場が大きく動きます。


AM9時の速報値に「勝敗が決した感」があれば、
その時点で相場の方向感すら決まってしまうでしょう。


その後、各地域の結果が出るごとに、
マーケットは一喜一憂を繰り返すでしょうから、
今日の午前中は、相場の大きな振れ幅を覚悟しておかなければいけません。


各地域の結果が揃い、大勢が決してきたら、
トレンドの方向感が固まるといった流れになりますね。


市場はクリントン氏を完全に織り込んでいますが、
何が起こるか分からないのが相場であり選挙ですので、
間違ってもEAは動かさない方が良いと思います。




今日だけでも停めておきましょう。


何が起こるか本当に分かりませんので、
万全の体制でAM9時を迎えて下さいね。




さて、
「何が起こるか本当に分からない」と言いましたが、
直前(11月7日)の世論調査では、
クリントン候補が47.2%でトランプ候補の44.3%でした。


その差はたったの2.9ポイントです。


隠れトランプ支持者の存在から、
こんな僅かな差は誤差に過ぎないと思っています。


個人的にはあまり想像したくありませんし、
市場も有識者もそれを望んでいないと思うのですが、


「トランプ大統領誕生!」


の可能性はゼロではありません。




むしろ、可能性としては無くは無いと見ています。
高くはありませんが。




実際、田舎の小さな地区では、
トランプ氏が勝利した地域も出てきていますし、
「この男なら、現状の苦しさとこの不満を変えてくれそうだ」
という庶民の感情が投票結果に表れる可能性もあります。






ということで、
カワセ係長の久々の相場予測のお時間です。


※「予測」は普段はしませんが、イベント時は例外です(笑)




クリントン氏が勝った場合は、
現在105円前後をウロウロしているドル円は、
106.5円前後を目指す動きになるでしょう。


相場が既にクリントン氏を織り込んでいるので、
上にはそれほど伸びないと見ます。


もしトランプ氏が勝った場合は、
100円を割れて98円台トライを目指す恐れがあります。
6月の直近安値=98.98円が一つの基準です。





現在105円で、


・上は1.5円幅(106.5円)、
・下は6.0円幅(99円)ですね。






さて、ここまで想定を立てましたので、
もし私なら、せっかくなので一勝負しますね。

完全に無くなっても良いお金を、
ギャンブル的に少し賭けてみます。


・上方向に比べて下方向のリターンが遥かに大きい
・トランプ氏が勝つ可能性がまぁまぁ高い


ギャンブルするには最高の条件が揃っているためです。


具体的な手法としては、
売り方向にポジションを持った状態で9時を迎えます。


例えば、
無くなっても良い証拠金5万円の口座があったとすれば、
0.2ロットくらいの売りポジションを持ちます。



105円で売ったと仮定しましょう。


クリントン氏勝利で107円まで行ったとしても、含み損は4万円です。


一方、トランプ氏が勝って99円まで落ちた場合は、利益12万円です。


相場はクリントン氏を織り込み過ぎていますので、
107円までいかないかもしれません。


また、クリントン氏が勝ったとしても、
上院民主党が過半数を割れれば結局105円台をウロウロするだけかもしれませんし、
そもそも、クリントン氏が勝っても長期的にはリスクオフという意見も出ています。


ニュースと状況と期待値を総合的に見たら、
少しくらいのお金をリスクに晒して遊んでみるのもアリかと思いました。




だから、「売り」です。




ポジションを分けて仕込めれば、より完璧です。


2016年は、SCHとGSPと原油でかなり利益が出ましたので、
少しのお金を使って、少しだけ勝負してみます。


あ、
やる場合は自己責任でお願いしますね。
「無くなっても良いお金」でやるのが鉄則です。


あと、
業者によってはレバレッジ規制をかけている所もあるので注意です。


レバレッジ400倍でしたら、
0.2ロット持っても必要証拠金は5千円ほどですが、


レバレッジ50倍ですと、
0.2ロットで必要証拠金は4万円です。


レバレッジ25倍ですと8万円ですので、
そもそもギャンブルになりません。


以下の業者でしたら、
今のところ有事のレバレッジ下げを行っていませんので、
500倍レバレッジでイケますね(^_^)


Titan_FX


万が一に備えてのゼロカットがあるのも嬉しい業者です。


さて、
あとは静かに9時を待ちましょうか。

現在保有中の両建てポジションはどうしますか?

GSP-FLOATING systemの件でご質問がありましたので、
メルマガ読者様に共有しておこうと思います。


Yさん、ありがとうございます!


【Y様からのご質問】
—————————–
おはようございます。


GSPを稼働させてから1か月ぐらいたちますが、
負けが続くこともありますが収支はプラスで大満足です。


ところで、
本日のメルマガで稼働を11月8日まで停止することをお勧めしておりますが、
現在、私の環境では金曜日の時点で売りと買いの両建てとなっております。


GSPを停止→自動売買の停止→現在のポジションは月曜日に手動で強制執行するべきか?
あるいは、両建てでポジションをとっているので、自動売買のみ停止にするべきか?
この点について、アドバイス頂ければ嬉しいです。


よろしくお願いします。
—————————–


【カワセ係長より回答】
—————————–
Y様


こんにちは。


いつもメルマガのご購読、ありがとうございます。
カワセ係長です。



「私がもしYさんだったら」という前提で見解を回答しますね。


現在両建てポジションを保有中という事ですが、
このまま自動売買を停止してしまいますと、
持っているポジションに対して決済が入りません。


ポジション保有と同時にTPとSLはセットされますが、
EAが判断しての決済が一切入らなくなりますので、
ポジションを保有したままの自動売買OFFは危険です。


両建てとはいえ、
米大統領選前後に相場が荒れる可能性があり、
良くない結果になるリスクが極めて高いからです。


以上より、もし私であれば
週明けに自動売買をOFFにして、全ポジションを手動で切ります。
その後、米大統領選が終わったら稼働再開を検討します。


クリントン氏のメール問題が急に浮上したため、
相場は混迷を深めています。


金曜日にブログで105円ライン超えを提言しまいましたが、
ドルが急激に売られ、リスクオフの流れに拍車が掛かっています。
ここに来て先の読めない展開になっていますので、
裁量であっても入るのは賢明ではありません。


また、
それ以外にも今週はイベントが目白押し:


日銀は大きく動いてこないと思いますが、
FOMCや英金融政策決定会合があります。


米利上げは12月というのが規定路線になっていますが、
今回の声明でどれくらい具体的に話を盛り込むかが気になります。


8月に利下げを実施した英国については
利下げ観測は既に後退しており、
ポンド売りの流れは、一旦止まるのではないかと見ています。


発表内容によっては、
相場は大きく荒れるでしょう。


しばらくは細心の注意をしていきましょう。


カワセ係長
—————————–

米大統領選を終えるまでは稼働停止が賢明

いつもありがとうございます!カワセ係長です。
応援クリックを宜しくお願い致しますm(_ _)m


為替・FX ブログランキングへ


念のためご案内しておきます。

私のEA:GSP-FLOATING systemについて、
現行価格で入手できるのは10月31日23:59までとなります。


EAの収益性と販売価格の整合を取るため、
この度、価格を改定させていただきます。


26,800円→37,800円


勝率30%台で、
連敗ばっかりして、
損切りばっかりして、
含み益を取りこぼす事が多くて、
ノン・トレンド期間は使えないEAですが、



バックテスト通りにフォワードが推移していて、
平均年間利益+60%以上を狙えるEAになっています。
(実際の平均年利は+80%ほどになっていますが)




今は我慢の時期が続いていますが、
ハード・ブレグジットによるポンドの強い流れを期待したい所です。
流れが出れば確実に利益を取ります。


因みにですが
導入されても、週明け月曜からの稼働はお勧めしません。

 
前々回のメールで言いましたが、
GSPだけ停めておいた方が賢明だと思います。


11月3日のFOMCもWAIT。
11月4日の雇用統計もWAIT。
少なくとも米大統領選が終わるまでは様子見でしょう。
 

ポンドは下げ渋っていますが、
ドルに流れが出れば、ポンド円にも流れが出ます。


以下、少しだけテクニカル分析を。


以下にチャートを載せますが、
ドル円は105円の節目を超えましたので、
ボックスレンジは104円~106円に移っています。





前回記事で言っていた通りのシナリオになりました。


大きな陽線が発生したのは、
米国第3四半期GDPが予想以上に強く、
105円を超えない理由が無くなったためです。


この先一旦休むでしょうが、何もなければドルは上方向目線としておきます。


なお、少し強気ですが、上記チャートには上昇トレンドラインを1本追加しました。
ドル円を買うためのトレンドラインでは無く、現状の立ち位置を確認するためのラインです。


上昇トレンドラインの上にいる間は、強い上昇トレンドを継続。
上昇トレンドラインを割れば、レンジと見なせばOKです。


米大統領選を終えた時、
ドル円のレートがどこにいるかによって、
今後のシナリオ戦略が流動的になりますので注意が必要。


この辺の情報については、メルマガでもブログでもご案内していきますが、
カワセ係長の言うことですので、話半分くらいに聞いておいて下さい。


また、
この上昇トレンドラインは角度が急すぎますので、
目立つ押し目をつけたら引き直す可能性がある事も補足しておきますね。


面白くなってきました。




・・・




・・・




えーっと。




話がダイブ逸れましたが、
GSP-FLOATING systemは、
米大統領選を終えるまでは稼働停止が賢明です。



少なくとも、私はそうしています。


ですので、
導入いただくなら11月8日以降で構わないのですが、
現行価格でのご案内は10月31日までとなります。

———————————————————
カワセ係長が提案する第2のトレンドフォロー・スイングEAです。
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system?|?fx-on.com
———————————————————

相場概況(2016/10/27)

いつもありがとうございます!カワセ係長です。
応援クリックを宜しくお願い致しますm(_ _)m


為替・FX ブログランキングへ


【以下はドル円・日足チャートです】




火曜に大きな上ヒゲがありましたが、
前々回記事で言いましたように、
意識されているのは104.62ではなく、105.00でしたね。


火曜のブレイクは105円手前で失敗。


これまでは、前々回記事で申し上げたレンジの中で推移していますが、
現在のドル円は、節目の105円直前まで上げてきました。

明日の米国第3四半期GDPの結果によっては勢いよく上に抜けるでしょう。

鉛のように厚かったレジスタンスから、ようやく解放される形です。




【以下はポンド円・日足チャートです】




ポンド円は混とんとしています。
下降トレンドラインを何事も無く上抜けてしまいましたが、
何の攻防もありませんでしたので、変な判断をする必要すらありませんでした。


「下降トレンドラインは意識されていなかった」
・・・それだけです。


ポンドドルは下降圧力が強いですが、
クロス円は全般的に上方向が主体となっていますので、
ポンド円は判断がつきにくい状態が続いています。


暫く様子見ですね。
メルマガでも言いましたように、GSP-FLOATING systemは停止です。




【以下はユーロドル・日足チャートです】




ユーロドルは一服。
大きく動く材料が無いので、下げ渋っています。


下にはいくつものサポートラインがありますが、
引き続き、下のみ目線を継続しておきます。


しばらくはハッキリしない動きを続けるでしょう。


———————————————————
カワセ係長が提案する第2のトレンドフォロー・スイングEAです。
GSP-FLOATING system
GSP-FLOATING system?|?fx-on.com
———————————————————

 

GSP-FLOATING system



 2種の異なるトレンドフォロー・ロジックを同梱搭載!
その爆発力はSCH以上です

SCH-Trend system



 カワセ係長が開発した、
正攻法スイングEAです!

ランキング参加中!

 ブログランキングに参加してます♪1位になったらEAを配布するかもです(^_^)

参考にしてるブログ

 結構いろいろなブログ、見させていただいてます(^_^)

   リンク集

サイト内検索

タグ

ページの先頭へ